カスタマーサクセスへの取り組み:人、ビジネス、サービスの備え

カスタマーサクセスはOktaのコアバリューの1つです。COVID-19によるOktaサービスの提供への影響は予測されておらず、当社はこれまでどおり、世界中のお客様にサービスを提供し続けることをお約束します。Oktaのクラウドベースのマルチテナントアーキテクチャモデルと分散データセンターのアプローチは、サービスを中断することなく運用できるように設計されています。また、事業への潜在的な混乱を緩和する必要が生じた場合に備えて、社内にコロナウイルス対策チームを設置しました。

多くのお客様は、COVID-19による潜在的な混乱に備えて、独自の準備を検討しています。透明性も、私たちの基本的価値観の1つですが、その精神に基づき、お客様の取り組みを支援するために以下の情報を積極的に共有しています。今後も引き続き計画を評価し、必要に応じて関連する最新情報を共有していきます。

人+リモートワーク
自社テクノロジーの活用などにより、Oktaの従業員や請負業者はすでにどこからでも作業が可能になっており(そして、これを実践しています)、どの場所からでも安全に作業するために必要なリソースやツールを活用しています。リモートワークやオフィスの閉鎖を判断するために、私たちは、世界保健機関、米国疾病管理センター、米国国務省、および各地の政府や保健当局からの助言を注意深く監視し、考慮しています。

事業継続計画
地理的に分散したチームと柔軟性のある遠隔の従業員を擁するクラウドネイティブ企業として、Oktaは事業継続の課題をバーチャルに管理する準備を整えています。私たちのアプローチは、自然災害やその他の予期せぬ困難な出来事があった場合でも、お客様にサービスを提供できるようにするためのものです。当社の事業継続計画は、お客様やその他のステークホルダーとのタイムリーなコミュニケーションのための開かれたチャネルを確保することも目的としています。

サービス+運用
当社のクラウドサービスは、高度な冗長性と地理的なフェイルオーバー機能を備えた設計となっており、重大な影響が生じる可能性を低減しています。当社は、災害復旧計画を含め、緊急事態に対応するための方針と手順を維持しており、その詳細は当社の信頼&コンプライアンスのドキュメントで説明しています。また、サブプロセッサーと共に、北米、EMEA、APACを含む世界各地にデータセンターとテクニカルサポートを設置しています。

Oktaは、お客様の成功が私たちの成功であると考えています。自然災害やその他の予期せぬ、あるいは困難な事象が発生した場合でも、お客様が重要なビジネス目標に集中できるよう、Oktaのサービスがシームレスに機能するよう、計画、プロセス、チームを整備しています。

詳細については、Oktaの信頼&コンプライアンスページをご覧ください。また、ブログでは、コミュニティを安全かつ健全に保つためのご覧ください。