Developer Advocate - Japan, Customer Identity

Tokyo, Japan

Customer IdentityのDeveloper Advocateとして、あなたは開発者がCustomer Identityのソリューションによってアプリケーションを革新し、セキュリティを確保できるよう支援することを担います。Developer Advocateには、主に2つの役割があります。1つは、イベントでの講演、ライブおよびビデオコンテンツの作成、執筆、ポッドキャストへの出演、その他のクリエイティブな媒体を通じて、Oktaとアイデンティティについて開発者の方々に理解を深めていただくことです。もうひとつは、フォーラム、GitHub、ソーシャルメディア、SlackやDiscordサーバーで質問に答え、フィードバックに耳を傾けながら、より広い開発者コミュニティに貢献することです。そして、その情報を他のマーケティング、エンジニアリング、ドキュメンテーションのチームと共有し、開発者のエクスペリエンスを向上させることに貢献します。この2つの目的には、アンバサダーなどのプログラムへの取り組み、エンジニアリングチームとのコラボレーション、オープンソースライブラリへの取り組み、社内ツールやレポート作成アプリケーションの構築も含まれます。これらすべてのタスクについて、定量的・定性的なインパクトを測定し、必要に応じて軌道修正をしながら業務を遂行します。

 

求める人物像

  • Java、Python、JavaScriptなどのプログラミング言語で、8年以上の開発経験をお持ちの方
  • コミュニティに貢献し、仲間の開発者がよりよい仕事ができるように手助けすることに喜びを感じる方
  • 開発者に素晴らしいものを作る方法を教えるのが好きで、教育者としての資質をお持ちの方
  • 複雑なトピックを、さまざまな経験レベルの開発者に理解できるようにするのが得意な方
  • カンファレンスやミートアップで、大勢の開発者の前で話すのが好きな人
  • 文章を書くことに興味がある ―情報発信の方法の一部は、コンテンツをつくることです
  • 新しいAPIや製品をいち早く試すことができる。コードスニペットやサンプルアプリケーションを書くことに抵抗がない。さらに、すべての開発者の生活を便利にするために、それらを改善する方法を明確に説明することができる
  • 独立した貢献者でありながら、チームメイトや多機能チームとのコラボレーションを楽しむことができる方
  • 複数のスキルを同時に習得し、複数のプロジェクトを同時に管理することに抵抗がない方
  • テクノロジーへの情熱が、好奇心を刺激し、新しいことを学ぶのが好きな人
  • 新しいことを学ぶのが好きで、速いペースで常に繰り返される環境に魅力を感じる方
  • 英語と日本語が堪能であること。英語で出版するための文章や口頭でのコンテンツを効果的に作成し、グローバルチームとコミュニケーションをとることができる。チームミーティング、全社会議(All-hands)、ドキュメント、メール、slackを含むがこれに限定されない。日本語で現地チームとコミュニケーションが取れる方
  • 1年のうち30%程度の出張が可能な方(安全が確保されている場合)

 

Okta is an Equal Opportunity Employer.

Oktaは、従来の職場環境を見直し、社員一人ひとりが、どこにいても最もクリエイティブで成功した自分になれるようなフレキシビリティを社員に提供しています。 フレキシブルな働き方を可能にすることで、オフィスでも自宅でも、居住地に関係なく働くことができます。 Oktaはテクノロジーに投資し、フレキシブルな福利厚生プログラムとコラボラティブな職場環境を提供することで、社員一人ひとりがそれぞれのニーズに合った環境で生産的に働けるよう支援します。 Oktaであなたの場所を見つけましょうhttps://www.okta.com/company/careers/. 

 

応募書類を提出することにより、Oktaで将来的に発生する採用ポジションを検討するために個人データをOktaで保持することに同意したものとみなされます。 Oktaの個人情報保護に関する詳細は、https://www.okta.com/privacy-policy をご覧ください。

Apply

Resume
Upload Resume/CV (PDF must be less than 8 MB )
Cover Letter
Upload Cover Letter (PDF must be less than 8 MB )