バーチャル イベント

Okta Showcase 2020

2020年10月8日(木)9時00分〜13時15分

Okta Showcase 2020について

経済がグローバルにわたりデジタル化され、組織における働き方や、業務のあり方が根底から変化しつつあります。このような変化の中、プロダクトやサービスの利用の仕方、ユーザーエクスペリエンスそのものも変わってきています。

今回2回目となる Okta Showcase2020では、Okta, Inc.のマネージメントチームが登壇し、組織にとって「人々がどこに所属しているか」より「実際の業務や経済を牽引している人々」が今までになく重要になる今、新しい時代の基盤となるアイデンティティにスポットライトを当て、Okta Identity Cloud の最新イノベーションをご紹介します。

Okta Showcase 2020 にぜひご参加ください。
*本イベントはオンラインでの開催となり、講演は日本語字幕付きで英語にて行われます。

スピーカー

当日のプログラム

9時00分 – 10時30分
基調講演

かつて「デジタル経済」と呼ばれたものが、今では単に「経済」と呼ばれています。世界経済は今や、「どこで経営するか」ではなく、「その人物がどんな人物か」にかかっています。Okta の経営陣、最先端のテクノロジー業界、ビジネス界のゲストが登壇し、アイデンティティが牽引する新たな経済で、Okta のプラットフォーム ベースのイノベーションが、どのように貢献しているのかを語ります。

10時45分 – 11時30分
新サービスに関するディープダイブセッション

製品発表について、より深く学ぶご用意はできていますか?当社の製品担当の専門家とのブレイクアウト セッションで、 Okta Identity Cloud の最新機能を詳しくご確認ください。基調講演で行われたデモの舞台裏をご案内し、新機能の実装方法や組織における Okta 環境で新機能がいつ利用可能となるかもご説明します。

11時45分 – 12時15分
コロナ禍からの教訓:デジタルエクスペリエンスの未来

新型コロナウイルスにより、あらゆるセクターで、あらゆる規模のビジネスが急速にオンライン事業に移行し、世界中のデジタルトランスフォーメーションが急加速しています。また、消費者がお気に入りの製品やサービスを利用しようと、ますますデジタルエクスペリエンスに目を向け、これにより変化が一層拡大しています。

今日のデジタル経済のリーダーたちは、次のジャーニー(道のり)について思考をめぐらし、このパンデミックから成功に至るまでのカギが何だったのかを検証しています。その中で、次に何をすべきか、そしてフィジカル及びデジタルデバイドをいかに橋渡しをし続けるかが、将来へのヒントとなるのでは、という感触を得ています。

11時45分 – 12時15分
ダイナミックワークに関するソートリーダーシップセッション

これまでとは大きく異なる「自宅」という業務環境に迅速に適応することを、今、誰もが強いられています。現在、人々は分散型、デジタルファーストで、隔離された環境下にあり、一方組織は依然として、この新たな環境で、いかに従業員を最適にサポートするかを模索しているのが現状です。

Dynamic Work は、リモートワーク以上のものをサポートする Okta のフレームワークです。従来の職場環境を再考し、柔軟性を高め、従業員がどこにいても生産性を高く維持し、彼らが付加価値の高い貢献をすることを可能とします。このパネルでは、ワークライフバランスの改善、人材プールの拡大、柔軟性の向上といった Dynamic Work のメリットの他、ますますダイナミックな方向に進む組織のための実用的なポイントをご紹介します。

12時30分 – 13時15分
Netflix社CMOを招いてのファイヤーサイドチャット

Netflix 社の CMO、Bozoma Saint John と Okta の取締役でCharles Schwab 社の 前CMO、 Becky Saeger の対談をご覧ください。特に、今日の特別な状況におけるカスタマーエクスペリエンス、エンゲージメント、ブランドマーケティングについて、意見を聞いてみましょう。