Contextual Access Management(コンテキストに応じたアクセス管理):What Does It Actually Mean(実際これは何を意味するのか)?

今日、働く人は作業する場所とデバイスを自由に選択できます。職場は、従来のオフィス環境だけではありません。自宅、コーヒーショップ、顧客先、あるいはこれらの組み合わせです。ラップトップ、タブレット、携帯電話、さらには他人の端末など、チームが使用するエンドポイントの種類は多岐にわたり、ITチームのアクセス管理はさらに複雑化します。 仕事の多くが企業のファイアウォールを越えて行われ、IT部門が直接管理できないデバイスで行われることも多い場合、ITチームは個人情報や機密情報への不正アクセスのリスクを低減するためのアプローチを再考する必要があります。この課題を解決するのが、コンテキストに基づいてすべてのアクセス要求のリスクを評価する「コンテキストに応じたアクセス管理」です。…

Archive

フォローする
Share on Linkedin Share on Facebook Share on Youtube