騙されないで: 多要素認証でIDハッキングを阻止

「もしかして騙された?」みなさんも以前、こう自分自身に問いかけたことがあるでしょう。フィッシングや盗まれた資格情報は、依然として侵害の主な脅威であり、ハッカーが巧妙になるにつれ、従業員や消費者がアプリケーションへアクセスするために使用する資格情報の扱いは、より慎重になる必要があります。一方企業は、従業員が毎日使用するアプリケーションへのアクセスを効果的に保護するため、フィッシング・データ対策等に焦点を当てる必要があります。 ご利用のEメールアドレスが、何らかの形のフィッシングやデータ侵害に利用されているかを知りたい場合、Troy Hunt の Have I Been Pwned データベースが優れています。このサービスからはわかることは…

Archive

フォローする
Share on Linkedin Share on Facebook Share on Youtube