LDAP

多くのお客様が、IP ネットワーク上に分散したディレクトリ情報サービスにアクセスして管理するために、軽量ディレクトリアクセスプロトコル(LDAP)を使用しています。LDAP はユニバーサル ディレクトリに対して認証されていることから、Okta は LDAP をサポートするアプリケーションの認証情報のアクセスをコントロールして一元的に管理することができます。

Okta の LDAP インターフェイスで LDAP 認証をクラウドに移行

Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)は、メール、顧客関係管理、人事ソフトウェアなどのエンタープライズプログラムにおいて、アクセスを承認したりサーバーから情報を見つけたりする場合に使用されるインターネットプロトコルです。オープンソースで特定のベンダーに偏らず、サポートも充実したプロトコルで、ユーザーが社内か社外かを問わず非常に柔軟に情報を保存できます。拡張性とパフォーマンスに優れているため、企業の製品やサービスの大部分は LDAP プロトコルを基盤に構築されてきており、世界中の企業ネットワークに不可欠なコンポーネントになりました。現在では、数えきれないほどの組織が、多くの重要なビジネスアプリケーションの運用にオンプレミスの LDAP…

Archive