Okta Verify

ユーザーの認証操作を簡素化する 4 つの方法

アプリケーションのユーザーにとって、認証ほど面倒な操作は他にあまりありません。認証にまつわるアプリケーションの使いにくさがあると、製品の導入が滞ったり、サポート担当者や製品管理者の負荷が増大したり、場合によっては、セキュリティが低下するおそれがあります。 Okta は、多大な時間をかけて開発者と協力し、より優れた認証フローの設計と構築に努めています。その結果、ユーザーが目的の作業に着手するまでの時間を短縮するのに役立ち、今すぐに実装できるいくつかのシンプルなパターンを発見しました。それでは、ユーザーの認証操作をもっと簡単にするための 4 つの方法をご紹介します。 1) フェデレーションでパスワード入力を減らす パスワードだけが不満の原因ではないものの、かなり大きな悩みの種です。事実…

Archive