SSO

SSO(シングルサインオン)のログインとその誤解

世界中で働くほとんどの人がそうであるように、私は仕事用と個人用でメールのユーザー名とパスワードを使い分けています。そして、テクノロジー企業のソーシャルメディア運用担当者なら誰でもそうであるように、私も 1 日を通じて Twitter、Facebook、そして LinkedIn のアカウントを個人用と Okta の公式アカウントの両方を使用して定期的にチェックしています。複数のデジタルアイデンティティを使う多くの人が「アイデンティティ管理の危機」に直面していますが、私の場合はその意味が少し違います。私が考えるアイデンティティ管理の危機の本質は、異なるプラットフォームで各資格情報セットの状況を把握しつつ、複数のアカウントのセキュリティを確保できているかどうか、という点にあります…

Okta + AWS SSOでの管理の簡素化とCLIのサポート追加

Okta Single Sign-On(SSO)は、Amazon Web Services(AWS)のクラウドインフラストラクチャとシームレスに統合します。その利便性が支えるWeb/モバイルプラットフォームは、多くの企業の何百万人ものユーザーに活用されています。クラウド対応のアイデンティティおよびアクセス管理(IAM)に対する需要は、ビジネス環境全体で爆発的に増加しています。また、組織がビジネスのオンライン化をさらに推進する中、グローバルの従業員を仮想ワークスペースに安全かつシームレスに接続するSSOなどのニーズが飛躍的に高まっています。 AWSのユーザー企業の多くは、すでにOktaを使用してユーザーの安全な認証を実現しています。Oktaの2020 Business…

マイクロサービスでは、IDとアクセス管理が鍵を握る

今日、Netflix、Amazon、Uber、eBay、Grouponといった大手テクノロジー企業は、テクノロジーとビジネス戦略の一環として、複数の小さなサービスを組み合わせ、1つのアプリケーションを実現する「マイクロサービス」を採用しています。このアプローチを採用しているのは巨大企業だけではありません。システム開発、ひいてはビジネスに優れた俊敏性や拡張性をもたらすことから、今や、あらゆる規模の企業が、マイクロサービスが自社のビジネスの成長に不可欠であることを認識しています。 すべてのサービスとコードが大規模かつ複雑に組み合わされ、1つのアプリケーションとして提供される従来型の「モノリシックアーキテクチャ」とは異なり、マイクロサービスはアプリケーションにおける…

シングルサインオン(SSO)の導入は難しいし、デメリットになる?

Okta では、認証とセキュリティに関する最新のアイディアやベストプラクティスの共有を積極的に行っており、その中には認証やセキュリティに関する誤解を解く作業もあります。このブログは、シングルサインオン(SSO)に関する良くある勘違いや誤解を解くシリーズの第 4 弾です。今回は、SSO(シングルサインオン)に関して Okta が把握しているすべての誤解(デメリット)をご紹介し、紐といていきたいと思います。 SSO の導入には時間も労力もかかる、というのが一般的な考えです。ADFS などの従来のソリューションではそのとおりかもしれませんが、最新のクラウドベースの SSO の場合、そのようなことはありません。 現在、火曜日の午前 11 時 15 分です。Laura は、11 時 30…

Archive