Skip to main content

【5/22開催】カスタマーアイデンティティが直面する脅威の最新動向

【5/22開催】カスタマーアイデンティティが直面する脅威の最新動向

参加申し込みをする

参加申し込みをする

【5/22開催】カスタマーアイデンティティが直面する脅威の最新動向

無料トライアル
お問い合わせ
Questions? Contact us: 1 (800) 425-1267

Customer Identity Trendsレポート 2023

このレポートでは、14 か国、20,000 人以上のユーザーを対象に実施した調査の結果に基づいて、ユーザーが利便性、プライバシー、セキュリティについてどのように考え、それがオンラインサービスプロバイダーにどのような影響があるのかについて説明します。フルレポート(英語のみ)は20ページ、要約版のエグゼクティブサマリー(日本語)は13ページとなっています。

エグゼクティブサマリーをダウンロード

レポート

このレポートでは、14 か国、20,000 人以上のユーザーを対象に実施した調査の結果に基づいて、ユーザーが利便性、プライバシー、セキュリティについてどのように考え、それがオンラインサービスプロバイダーにどのような影響があるのかについて説明します。フルレポート(英語のみ)は20ページ、要約版のエグゼクティブサマリー(日本語)は13ページとなっています。

フルレポートをダウンロード(英語)
エグゼクティブサマリーをダウンロード(日本語)
 

優れたデジタルエクスペリエンスの提供は収益の拡大につながります。また、ブランドの長期的なロイヤルティの獲得にも役立ちます。

しかし、顧客の期待に応えることは、世界中のどの企業でも継続的な課題となっています。

それはなぜでしょうか。


数字で見る

私たちの生活にデジタルトランザクションが浸透するにつれ、管理しなければならないアカウントの数も増えています。

73%

アジア太平洋地域の回答者の73%は、現在10個以上のアカウントを使用していると答えています。

37%

20 個以上と答えた回答者は37%で、ヨーロッパの結果(39%)を若干下回っています。



数字で見る

パスワードほどストレスを感じるものはないでしょう。問題は、ユーザーがアカウントとセットアップした瞬間から始まります。

35%

アジア太平洋地域の回答者の35%は、一定の条件を満たすパスワードを作成しなければならないことにフラストレーションを感じています。

63%

回答者の63%は「ユーザー名やパスワードを忘れてしまいアカウントにログインできなかったことが月に1回以上ある」と答えています。


顧客は自分のデータを自身でコントロールしたいと考えている

 

回答者の大半は、ブランドのオンラインサイトで操作するときに、自分のデータを自身で管理できるようにするべきだと考えています。

GoAC bigger

アジア太平洋地域の回答者の60%は自身のデータセキュリティ対策を意識しています。

  • 45%は、強固なパスワードでデータを保護していると答えています
  • 38%は、アカウントごとに別のパスワードを使用していると答えています
  • 40%は、可能な限りデータの共有を制限していると答えています
     
では始めましょう

顧客がアイデンティティをどのように考えているのかを理解して、デジタルエクスペリエンスを最適化しましょう。

エグゼクティブサマリーをダウンロード
どのような点でお困りですか?営業担当者へのお問い合わせ
お問い合わせ
企業概要

Copyright © 2024 Okta. All rights reserved.
  • Privacy Policy
  • Site Terms
  • Security
  • Sitemap