アクセス管理のマジック・クアドラント(2020 年 11 月)

ガートナーのアクセス管理部門マジック・クアドラントで、Okta が 4 年連続でリーダーの評価を獲得

ガートナーが先頃発表した「2020年アクセス管理部門マジック・クアドラント」において、Okta は 4 年連続でリーダーの評価を獲得しました。またOkta は、マジック・クアドラントとともに発表されるガートナーの「クリティカル・ケイパビリティ」レポートにおいても、「組織内外のユーザーのアクセス管理というユースケースのニーズを満たす、市場で最も成熟した高度なAMツールの1つ」と評価されています。

7 年前に IDaaS(Identity as a Service)のマジック・クアドラントとしてガートナーによるアイデンティティカテゴリーの評価が始まって以来、Okta は、常にリーダーとして認定されてきた唯一のベンダーです。

ガートナーでは、アクセス管理を「アクセス制御エンジンによってコア機能を提供するテクノロジー」と定義し、その例として、B2E、B2B、B2C分野のアイデンティティ、認可と適応型アクセス、ユーザーのセルフサービス機能、MFAおよびSSOへの対応を挙げています。

ガートナー社アクセス管理についてのマジック・クアドラント、 Michael KelleyAbhyuday DataHenrique Teixeira共著、 2020 年 11 月 18 日発行。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

アナリストによるリサーチレポートをダウンロード

送信することにより、Okta がプライバシーポリシーに従って個人データを処理することと国際的に移転することに同意します。