Okta社員の紹介

Oktaを支えるユニークなメンバー

Okta では、アイデンティティは多様性があるものであることを理解しています。ここでご紹介するビデオでは、Okta の社員が一個人またはプロフェッショナルとして自らのストーリーを語り、他の社員のモチベーションを高めています。これらの社員は Okta にとって問題解決者であり、芸術家であり、起業家であるといえます。

それぞれのスキルや情熱を仕事に生かしている優れたチームメンバーを紹介します。

私たちと一緒に働きませんか?採用情報のページをご覧ください

問題解決者

ロッククライミングというスポーツは、複雑な問題解決の連続です。少なくとも、Oktaのシニアセールスエンジニアを務めるAkin Edwardsnbspはそのように考えています。

パフォーマー

このビデオでは、採用主任のSarah Schiffが、舞台芸術での経験をどのように仕事に活かしているかを語ります。

安全な選択

Oktaのセキュリティ&コンプライアンスを統括するChris Niggelは、冬場の週末にはタホのバックカントリーで救急隊員として活動しています。リスクを評価して災害に対応する能力が、仕事に臨む上での価値観にどのように影響しているのでしょうか?

開発者

デベロッパーサポートエンジニアのSara Daqiqが、子ども時代にテクノロジーに強い情熱を抱いたきっかけについて語ります。

ダンサー

Oktaのプロダクトマネージャーを務めるJade Fengが、バレエへの情熱と、人々に愛される製品を生み出すことへの熱意の関係を語ります。

マエストロ

Matt Traversが担うプロダクトマネージャーとしての仕事には、「コラボレーション」と「場を仕切る能力」の両方が生かされています。

Oktaのチームに加わりませんか?