ユーザー管理:顧客ID認証システムの統合・管理を簡単に

ユーザープロファイルデータの大規模な収集・格納・管理により、顧客にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供

80%

ユーザーアクセス/リクエスト/ポリシーの管理コストを削減

75%

顧客パスワード/登録の問題に関連するコストを削減

30ドル

ユーザーのパスワードリセットごとにかかるコストを削減

CarMax

車購入エクスペリエンスの安全性確保とパーソナライズ

JetBlue

Albertsons

顧客が求めるエクスペリエンスをOktaで構築

Standard Life Aberdeen

Takeda

Verisk

Flinders University

Cengage

MGM Resorts International

顧客プロファイルを容易に管理

顧客情報の一元化は、パーソナライズされたエクスペリエンスを顧客に提供するための第一歩です

拡張性の高いクラウドベースのユーザー管理システム

Oktaのユニバーサルディレクトリを基盤とすることで、アクセスポリシーの割り当て、グループメンバーの定義、セキュリティポリシーの適用を統合できます。

信頼できる唯一の情報源

現在も将来も、すべてのストアのユーザーデータを一貫して自動的に管理できます。プロファイルのマッピングにより、異なるアプリの間で属性をマッピングし、データの一貫性を確保できます。Okta Expression Languageを使用することで、属性をユーザープロファイルに保存する前に、またはアクセス管理のために別のアプリに渡す前に、参照、変換、結合できます。

スムーズな登録エクスペリエンスを作成

すぐに使えるシンプルなソリューションとAPIを活用して、摩擦のない登録を実現

自己登録

カスタマイズ可能な登録フォームにリンクするサインアップボタンを埋め込むことで、ユーザーがアカウントを自己登録できます。アクティベーションメールを必須とするなど、フィールドと登録後のプロセスをOktaの管理コンソールから管理できます。

プログレッシブプロファイリング

必須およびオプションの属性に対してプログレッシブプロファイリングを追加することにより、顧客のライフタイムの中でユーザープロファイルを徐々に構築できます。初期の摩擦を減らすことで、コンバージョンが高まり、ユーザーアカウントの管理が簡単になります。

ダウンストリームプロセスとの統合

イベントフックを使用して、ダウンストリームテクノロジーのプロセスを開始します。新しいユーザーをメールマーケティングシステムにプッシュし、バックエンドシステムにわたってアカウント作成プロセスを完了し、ユーザープロファイルの更新をダウンストリームデータストアに同期します。

ユーザーストアを大規模に移行

異なるプロファイルデータを持つ複数のユーザーストアを信頼できる唯一の情報源に結合することは、面倒でエラーが発生しやすいプロセスです。信頼性と拡張性の高いユーザーストアを構築するには、この重要プロセスを可能な限り自動化する必要があります。

柔軟なインポート方式

ビジネスニーズに適した複数のインポート方式を活用して、ユーザーストアをOktaにシームレスに移行できます。CSVから、あるいはAPI経由の一括インポート、インバウンドフェデレーションや既存データベースを使用したジャストインタイムの移行、AD/LDAPやCRMのような既存ディレクトリからのインポート、またはオンプレミスのプロビジョニングを実行できます。

インポート照合ルール

インポート一致ルールを使用すると、ユーザーをすばやく作成できます。ユーザーを手動で確認する必要はありません。ルールを定義するだけで、あとは自動で処理できます。

カスタム機能

Oktaのインラインインポートフックを使用すると、カスタマイズ可能なデータクリーンアップとプロファイルのエンリッチメントにより、既存ユーザーストアから顧客プロファイルデータを簡単に移行できます。複数ソースからのデータをOktaの一元化されたユニバーサルディレクトリに結合できます。

リリース前に大量のデータを移動させる必要がありました。Oktaを信頼して活用することで、情報の保護を強化し、サービスデリバリーを向上できます。

Neil Boland氏

CISO

Oktaのユーザー管理を
今すぐ使用開始