Okta City Tour Tokyo

2022年5月31日(火)に、渋谷ヒカリエホールにおいて「Okta City Tour Tokyo」を開催いたします。本イベントでは、Okta Japanのアップデートをご紹介するとともに、Oktaをご利用のお客様にOkta導入事例をご紹介いただきます。

「アイデンティティファースト」を推進するお客様やパートナー様とオンサイトでご交流いただく機会ですので、お早めにお申し込みください。

開催日:2022年5月31日(火)

時間:14:00 - 17:00(イベント終了後17:00から18:30まで懇親会を開催)

会場:ヒカリエホール
         (オンライン同時配信も実施。登録時にどちらかをご選択)。

住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ9階

Okta City Tour Tokyoの参加登録フォーム
(必要事項をご記入ください)。

送信することにより、Okta がプライバシーポリシーに従って個人データを処理することと国際的に移転することに同意します。
City Tours Banner Image

イベント概要

2022年5月31日に東京・渋谷ヒカリエホールにてOkta City Tour Tokyoを開催いたします。

Okta City Tour Tokyo でアイデンティティとビジネスの未来について考えてみませんか。

昨今、アイデンティティは新たなフェーズを迎えつつあります。時代はデジタルへの移行を目指す「デジタルトランスフォーメーション(DX)」から、デジタルを前提とした「デジタルファースト」へ。あらゆるビジネスが、AI(人工知能)による自動化やハイブリッドクラウドへのシフトが進むなか、従業員や顧客アイデンティティのあるべき姿も変化を遂げています。

今回開催されるOkta City Tour Tokyoでは、IT・セキュリティ・アイデンティティ管理などの分野について、業界リーダーや実際にOktaをご利用のお客様の声をご紹介しながら、デジタル時代におけるアイデンティティの真価に迫ります。

ご多用の折とは存じますが、皆様のご参加をお待ちしております。

Okta City Tours Tokyo - イベント概要
Identity 101

アイデンティティ最前線

一歩先のアイデンティティ管理を目指して- 顧客アイデンティティ管理とデジタルファーストの現在

Handshake

パートナーシップが生み出す力

パートナーとともに創り上げるカスタマーサクセス

Icon_T1_100x100_GearGears

デジタルトランスフォメーション(DX)2.0

新たな時代に求められるイノベーションとは?

スピーカー

春日 重俊様
Chatwork株式会社 執行役員CTO兼プロダクト本部長
清水 博様
アサヒグループジャパン株式会社 DX統括部 マネージャ
上田 真臣 様
埼玉県 企画財政部 行政・デジタル改革課 主幹
小田切 悠将 様
株式会社マクニカ ネットワークス カンパニー 第3営業統括部 第2営業部 第1課 課長
和泉憲明 様
経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 アーキテクチャ戦略企画室長
渡邉 崇
Okta Japan株式会社 代表取締役社長
Brett Winterford
Okta Inc. APJ担当リージョナルCSO
Richard Marr
Okta Inc. APAC担当CIAMリード

当日のプログラム


13:15 | 開場


14:00 - 14:15 | 開会のご挨拶およびOkta Japanのアップデート

スピーカー

Okta Japan株式会社 代表取締役社長
渡邉崇


14:15 - 14:35 | 2022年1月に発生したインシデントに関するアップデート(仮題)(同時通訳)

OktaのAPJ担当リージョナルCSO(チーフセキュリティオフィサー)であるBrett Winterfordが2022年1月に発生したインシデントの背景とOktaが学んだこと、今後の再発を防ぐために具体的にどのような対策をとっていくのかについてご説明します。

スピーカー

Okta Inc. APJ担当リージョナルCSO, Brett Winterford


14:35 - 14:55 | お客様事例講演 埼玉県庁様
埼玉県が職員約12,000名のためにOktaを採用し、行政事務のデジタル化を推進したワケ

「デジタルトランスフォーメーション推進計画」を掲げる埼玉県では、「業務のデジタル化・ペーパーレス化」と「テレワーク環境の充実」に取り組んでいます。その取り組みの中で、オンプレミスシステムからクラウドへの移行を進めるために、各種SaaSの導入と、認証基盤としてIDaaSを必須要件とした入札を行い、Oktaが採用されました。本セッションでは、導入にあたって一次代理店として支援したマクニカとの対談形式にて、このDX推進計画に取り組むこととなった背景から、Oktaを導入したことによる価値をご紹介いたします。

スピーカー

埼玉県 
企画財政部 行政・デジタル改革課 主幹
上田 真臣 様

モデレーター

株式会社マクニカ ネットワークス カンパニー
第3営業統括部 第2営業部 第1課 課長
小田切 悠将 様


14:55 - 15:15 | 休憩


15:15 - 15:35 | お客様事例講演 Chatwork様
BtoB スーパーアプリ化に向けたIDaaS活用戦略

Chatworkは中長期経営計画で日本の中小企業シェアNO.1+ビジネス版スーパーアプリを目指しています。上記戦略を実現するためには、M&Aや新規サービスの立ち上げといった複数のアプリケーションを管理していく必要があります。アプリケーション毎に独自認証サービスを作成するのでなくAuth0サービス利用する選択しました。Chatworkがどのような観点でAuth0サービスを今後利用していく予定についてお伝えします

スピーカー

Chatwork株式会社
執行役員CTO兼プロダクト本部長 春日 重俊様


15:35 - 15:55 | 顧客ID管理に関するセッション(同時通訳)

スピーカー

Okta Inc. APAC担当CIAMリード
Richard Marr


15:55 - 16:15 | お客様事例講演 アサヒグループジャパン様
アサヒが考える、境界線の再定義で実現される新しい世界とは

ビジネス方式が多様化したことで、安全にアクセスできる対象が自社内に限らず、取引先や消費者にまで広がっています。アサヒはビジネスに必要な「誰もが安全にアクセスできる」環境をいち早く構築し、閉域網に閉ざされた境界線を再定義して、ビジネスのスピードやアジリティを高めています。

スピーカー

アサヒグループジャパン株式会社
DX統括部 マネージャ
清水 博様


16:15 - 16:45 | 特別講演

デジタル時代の企業競争力強化とDX推進に関する政策展開
DXレポートの最新版(2.2)と国内外動向を交えて -

新型コロナウイルスという不幸な事案も重なり、地方・中央、大企業・中小企業の区別無く、あらゆる企業がグローバルなデジタル競争に巻き込まれています。このような状況において、企業は、改めて、デジタル時代の競争力とは何かを考え、対策が求められています。そこで、今回、DXレポートの政策担当官が、デジタル化による企業競争力の強化やDXの推進について、DXレポートの最新版の内容を交えながら国内外の事例や動向を紹介します。

スピーカー

経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 アーキテクチャ戦略企画室長
和泉憲明 様


16:45 - 16:55 | 閉会のご挨拶

スピーカー

Okta Japan株式会社 代表取締役社長 渡邉崇


イベント終了後 | ネットワーキング開催

※プログラム内容や時間は変更になる可能性があります。

Okta City Tour Tokyoへの参加登録