Okta for Good

Oktaのミッションは、人、テクノロジー、コミュニティのつながりを強化することです
私たちには、社会に貢献する責任があります。Oktaの成功は社会とつながっています。社会が繁栄していなければ、ビジネスも繁栄できません。

Okta共同創業者、CEO、Todd McKinnon

Okta共同創業者、取締役副会長兼COO、Frederic Kerrest

Oktaのコミットメント

ソーシャルインパクトはOktaの文化、ビジネス、そして長期的な成功の基盤となると、Oktaは考えています。そのため、2016年には企業として「1%の誓い」を立て、私たちの時間、製品、株式を還元することを約束しました。この初期の取り組みは、当社の慈善基金である「Okta for Good Fund」に支えられた戦略的プログラムへと成長しました。

Oktaが重点的に取り組んでいる分野:

Tech for Goodのエコシステムの育成

経済的機会とテクノロジー分野への道筋の拡大

グローバルコミュニティの重要なニーズに対応する非営利組織の支援

従業員がチェンジメーカーになるための支援

Oktaのソーシャルインパクトの取り組みを担うOkta for Goodは、当社の社会的・環境的責任戦略の一部であり、Oktaが社会、環境、そしてすべてのステークホルダーに最大限の利益をもたらすという長期的コミットメントを確実に実行するためのものです。

400万ドル以上

Okta for Good Fund、Okta Inc.、従業員による寄付の総額

350万ドル以上

寄与されたテクノロジーとプロボノ活動の金額

2000以上

社員の寄与とボランティア活動が影響を与えた全世界の組織の数

*2021年度のデータ

非営利組織またはソーシャルインパクト組織ですか?Oktaのポートフォリオに参加しませんか?
ぜひ、当社のチームにお問い合わせください。

経済的機会の拡大

テクノロジー分野の求職者に新たな道筋を提供

Okta for Good is working to expand economic opportunity.

テクノロジー分野で活躍する多様な人材を確保して育成することは、より強力なビジネスとコミュニティを構築するために不可欠です。DIB(ダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギング)チームとの連携により、Okta社員はグローバルな人材開発パートナーと協力し、インターンシップや実習プログラム、そして毎年恒例のTech Pathways Weekを通じて、若者や求職者を支援しています。

グローバルな地域社会への貢献

生活と仕事の場であるコミュニティの強化

私たちは、Oktaのグローバルコミュニティで最も重要な問題を解決するために活動している組織と、長期的な深いパートナーシップを築くことを目指しています。貧困の撲滅、人種間の平等、教育に焦点を当てて活動する組織に対して、複数年にわたる顕著なコミットメントを行っています。

Okta for Good.

チェンジメーカーとしての人材

従業員の教育、寄与、コミュニティリーダーシップへの投資

Okta for Good employee groups.
ボランティア活動日

Okta社員は全員、毎年3日間の有給ボランティア活動日を取得できます。

プロボノプロジェクト

Oktaのチームメンバーは、世界中の重要な活動に対して自分の時間と専門知識を寄与しています。

従業員リーダーシップカウンシル

従業員主導の諮問委員会は、地域社会の組織への資金提供や支援について指示しています。

Okta for Goodチームの最新情報をお届けします