アクセスゲートウェイでセキュリティを強化

最新のアイデンティティをオンプレミスアプリに拡張し、ハイブリッドクラウドを保護

80〜90%

TCOとメンテナンスコストを削減

75%

セキュリティ侵害に対して規制上の罰金を負うリスクを軽減

50%

場所やデバイスを問わず作業できるようになり、従業員の生産性が向上

オンプレミスアプリに最新のセキュリティを実装

最新のハイブリッドクラウドは、最新の安全なアクセス管理を必要とします

一元化されたアクセス管理

オンプレミスアプリとクラウドアプリのアクセス制御を一元化します。クラウドSSOとアダプティブMFAを従来のオンプレミスアプリケーションに拡張することで、すべてのシステムにわたって効率的で統一されたセキュリティポリシーを作成し、すべてを一元管理できます。

インテリジェントなセキュリティ

Okta Platform Servicesは、他のベンダーが提供できない追加のセキュリティレイヤーとして活用できます。Oktaのネットワーク全体から提供されるインテリジェントなセキュリティにより、オンプレミスのソリューションをアイデンティティ攻撃から保護できます。

アプリのソースコードではなく、セキュリティ体制を変更

現在の動作を変えることなく、オンプレミスアプリを保護できます

Kerberos、IWA、証明書、ヘッダーベースの認証など、オンプレミスアプリがサポートする統合パターンを活用して、SSOを使用する従来のアプローチを廃止できます。Oracle E-Business Suite、Oracle PeopleSoft、Microsoft SharePoint、Oracle WebLogicなどの一般的オンプレミスアプリケーションとの統合を合理化します。

インフラストラクチャのフットプリントを削減

以前は、オンプレミスアプリへのアクセスを制御するために、複数のオンプレミスにサーバーとソフトウェアが必要でした。Webアクセス管理(WAM)、MFAサーバー、Active Directory、LDAP、ミドルウェア、データベースなど、枚挙にいとまがありません。

しかし、アイデンティインフラストラクチャを最大90%削減し、WAM、オンプレミスのSSO、レガシーのリバースプロキシソリューションを廃止できるようになっています。

インフラストラクチャのフットプリントを小さくすることには大きな効果があります。実行、パッチ適用、監視対象のサーバーが減り、ベンダーライセンスの購入数が少なくなります。

Okta Access Gatewayによって従業員がオンプレミスのアプリケーションにアクセスできるようになったことで、当社は既存の社内ホスト型Webアプリケーションへの投資を維持しながら、新しいクラウド投資をサポートできるようになりました。

Arun DeSouza氏

CISO