社内構築からの脱却:構築済みアイデンティティソリューションのメリット

新しいWebアプリケーションやモバイルアプリケーションを構築する際には、アプリケーション全体を社内構築するか、作業を簡略化・迅速化するために即座に利用可能なサービスを選択的に使用するかという選択肢に迫られます。開発チームは、Web/モバイルアプリケーションの遅滞ないデリバリーのために大きなプレッシャーを受けています。しかも、市場の競争激化により、これまで以上に野心的なタイムラインに対応しなければなりません。その一方で、外部ベンダーの包括的アイデンティティおよびアクセス管理(IAM)ソリューションがプロジェクトに最適かどうか、アーキテクトやエンジニアリングリーダーが確信できないことは珍しくありません。このホワイトペーパーでは、以下の点について説明しています。

社内構築か購入かの決定を行う際の主な考慮事項:

  • 構築済みアイデンティティソリューションのメリット
  • 総所有コスト(TCO)の比較
社内構築からの脱却:構築済みアイデンティティソリューションのメリット既存のアイデンティティマイクロサービスまたはロールの使用

ホワイトペーパーをダウンロード

送信することにより、Okta がプライバシーポリシーに従って個人データを処理することと国際的に移転することに同意します。