Okta Insights

データの力によりセキュリティ対策の成果を引き出す

Okta Insights は、Okta の顧客ネットワーク、管理者、エンドユーザーからのデータを活用して、アイデンティティに対する攻撃からユーザーを保護します。

アイデンティティレイヤーへの攻撃を阻止する難しさ

攻撃者は、多くの場合、窃取した認証情報を利用してセキュリティの脆弱な認証エンドポイントを探します。ブラックリストに登録しても、高度な技術を持つ攻撃者に対しては有効性が限られており、認証前の段階で攻撃を阻止することはできません。

不十分なセキュリティ対策およびポリシーにより生じるセキュリティの盲点

複数のセキュリティソリューションを導入してセキュリティ体制を強化すると、セキュリティとポリシーが複雑になります。この結果、セキュリティ上のギャップおよび管理面での盲点が生じ、組織のセキュリティ体制が低下します。

攻撃者の標的となるセキュリティが最も脆弱なアイデンティティリンク

アイデンティティに対する攻撃は検出するのが困難です。攻撃者は正規のユーザーになりすまして、認証情報の登録やリセットを行ったり、新しいデバイスや過去に接続していないデバイスからログインを行ったりします。

ThreatInsight

ThreatInsight はネットワーク全体の攻撃データを利用して、悪質なログインの試行を特定し、ブロックします。

もっと詳しく知る ›

threatinsight diagram 2

HealthInsight

HealthInsight は、Okta をご利用の組織の構成を監視し、Okta のベストプラクティスに基づいて組織に合わせた提案を行い、セキュリティ体制向上のお手伝いをいたします。

もっと詳しく知る ›

Admin Experience Security Health Check II

UserInsight

UserInsight を使用すれば、エンドユーザーが標的になるのではなく、最初の対応者となって不明なアカウントアクティビティをレポートし、管理者への通知と修復ワークフローをトリガーできます。

Report suspicious activity