ADFSからOktaに 移行するメリット

クラウドアプリケーションの普及率はここ数年で急増しています。中でも、Salesforce.com、Box、Office 365な どのクラウドアプリケーションは全社的な導入が進んでいます。そのため、多くの企業が、クラウドアプリケーショ ンに関するポリシーを策定するか、近いうちに策定を予定しています。

現在、多くの企業は、ユーザーがクラウドアプリケーションや Web アプリケーションで個々に認証を行う手間を 省いて、すべてのアプリケーションに簡単にアクセスできるように、シングルサインオン(SSO)の導入を検討 しています。SSO を実装するには、すべてのクラウドアプリケーションを、信頼できる唯一の情報源と連携さ せる必要があります。多くの企業でその情報源となるのがMicrosoft Active Directoryです。そのため、Active Directoryを中心としたSSOソリューションとして、同じMicrosoft社製品であるActive Directoryフェデレーション サービス(ADFS)が最適だと考えがちです。

しかし、Active Directoryの統合ソリューションはどれも同じではありません。ADFSの導入を検討する際は、 SSO の実装方法についてあらゆる面から調査を行うことをお勧めします。ADFS のライセンスは無料ですが、セッ トアップ、継続的なサポート、ハードウェアなど、いくつかの隠れた関連コストが発生します。また、統合的な アイデンティティ管理ソリューションを構築するには、プロビジョニング、モバイルデバイス向けのコンテキスト に応じたアクセス管理、一元的なレポートの作成、現在企業で使用されるさまざまなアプリケーションとの事前統合のサポートなどの機能も考慮する必要があります。

このホワイトペーパーでは、Active Directoryの統合とSSOの導入を成功に導くための重要ポイント、およびオンプレミスの ADFS から100%クラウドベースの Okta の統合サービスに移行するメリットについて説明します。

The Benefits of Migrating from ADFS to Okta JP

ホワイトペーパーをダウンロード

送信することにより、Okta がプライバシーポリシーに従って個人データを処理することと国際的に移転することに同意します。