従業員のオンボーディングとオフボーディングプロセスに IT 管理者が忙殺されないために

クラウドサービスが急速に普及する中、イノベーションに追いつきながらすべての企業が抱えるアプリケーション開発要求に対応しようとして、IT 部門はいくつかの新しくて複雑な問題に直面しています。 IT 部門は、社内プロセスのためだけでなく、顧客であるエンドユーザーのためにも、生産性とセキュリティを改善しようと絶えず努力しています。業務の最新化を目指す企業の IT マネージャーは例外なく、新規の従業員のオンボーディング、多数の異なるアイデンティティライフサイクルの管理、面倒なオフボーディングプロセスの監視という難題を抱えます。対応次第では、どれも大きなセキュリティリスクを引き起こしかねません。こうした重大な問題のいくつかについてご説明しましょう。 従業員とアプリの増加がアカウント管理の肥大化を招く…

プロビジョニングとユーザーのライフサイクル管理の自動化

増殖する SaaS アプリからクラウドコンピューティングに至るまでイノベーションが次から次へと発生し、ビジネスとテクノロジーとの関係性が根本的に変化しています。一方で、多くのビジネス手法が、これらのイノベーションが原因で複雑化してしまう可能性もあります。従業員は仕事で使うデバイスが増え、それらのデバイスで実行しなければならないツールも増えます。会社は、データ漏えい、高い離職率、整理統合などの動きに直面しています。パートナーや外注先とコラボレーションすると、複雑さが一段と進み、問題がさらに拡大します。ユーザーライフサイクル管理の自動化は、こうした傾向から生じる問題を軽減し、組織全体にわたってワークフローを合理化するのに役立ちます。 プロビジョニングおよびライフサイクル管理とは…