Lifecycle Management
(ライフサイクルマネジメント)

自動化により、専門家と同様にプロビジョニングを管理

30 分

アプリケーションのプロビジョニングリクエストの 1 件あたりの処理時間を節約

30 分

グループと権限の決定と設定にかかる時間を節約

$20

ユーザーあたりの毎年の監査準備時間を節約

Hendrick Automotive Group

Live Nation

NTT データ | セキュリティ対策とID管理

Okta でスムーズなセキュリティ対策と ID 管理を実現

Verisk

USA Today Network

NEL

Kiwi.com

Dentsu Aegis Network

Hitachi

生産性の向上とコストの削減

ITチームは、ユーザーのオンボードとオフボードを手動で行っている場合ではありません

ボタン操作を必要とせず、待ち時間もありません

作成から削除まで、アクセスを自動化します。必要なリソースを従業員に即座に提供し、ITチームがより重要なプロジェクトに取り組む時間を開放します。

迅速かつ安全なプロビジョニング解除

自動アクセス管理により、時間を節約できるだけでなく、コストも節約できます。プロビジョニング解除を迅速化することで、ソフトウェアライセンスを回復し、コストを節約できます。また、アクティブなまま放置されたアカウントを利用したハッキングを防止することで、さらにコストを削減できます。

ユーザー許可の簡素化によるエンタープライズの拡張

現代の組織を支えているのは従業員だけではありません。パートナー、請負業者、ベンダー、顧客はいずれも、組織のリソースやアプリへのアクセスをさまざまなレベルで必要とします。

Okta LCM Workflow
柔軟なポリシー

すべてのユーザーのアクセスプロビジョニングを一元的に処理できます。グルーブごとに柔軟なポリシーを設定することで、日付や非アクティブ状態などに基づいてアクセスの許可/取り消しを実行できます。

人事リソースを超えた統合

Oktaの堅牢な​統合ネットワーク​を通じて、顧客、ベンダー、パートナー向けサードパーティ製ダウンストリームアプリケーションに対し、アクセスの自動プロビジョニング/プロビジョニング解除も実行できます。

ノーコードのカスタマイズ

コードなしでさらに深いカスタマイズをご希望ですか?Okta Workflowsで実現できます。

セキュリティの強化

手動のプロビジョニング/プロビジョニング解除プロセスと「つぎはぎ」のスクリプトによって、セキュリティリスクが高まります。自動化でセキュリティを強化できます。

完璧な権限管理

自動化とプロビジョニングの統合により、適切なユーザーに適切なアプリの資格をシームレスに付与できます。また、HRシステム、ADやLDAPなどのITリソースからのトリガーに基づいてアクセスを取り消すことができます。

すべてのトランザクションの否認防止

また、否認防止機能を備えたユーザーライフサイクルプロセスを実装することで、セキュリティ体制を強化できます。アイデンティティ管理ソフトウェアは、すべてのライフサイクルトランザクションのログとタイムスタンプを提供します。

監査とコンプライアンスの合理化

ユーザーとアカウントアクセスのビューを一元化して、容易な監査を実現

特定のアプリにアクセスできるユーザー、各ユーザーがアクセスできるアプリ、最近プロビジョニング解除されたユーザーを示すレポートを利用できます。作業をより簡単にするために、APIを使用してプログラムで監査ツールへのデータ抽出をたやすく実行できます。

従業員が社内のざまざまな場所で働いて成長し、その過程で自分の情報を保持し続けることができるようにする上で、信頼できる唯一の情報源を持つことが鍵となりました。これにより、人事に頻繁に頼る必要もありません。

Amy Frost氏

ITエンジニアリング担当ディレクター

Okta Lifecycle Managementを
今すぐ使用開始