IT

IT

クラウド社会におけるSSHの役割とOkta ASAでSSHアクセスを管理 

米国を代表する作家のマーク・トウェインは、1897年5月に自身の追悼記事が出されたことに応えて、「私の死のニュースは大いに誇張されている」と書いています。100年近くたった1995年、フィンランド人コンピューター科学者のタトュ・ウルネン(Tatu Ylönen)氏は、Secure Shell(SSH)と呼ばれる安全なトランスポートプロトコルを作成しました。一見これらの2つの出来事には何の関係もないようにみえるかもしれませんが、「認識」に関して共通する部分があります。 最も実用的な言い方をすれば、SSHを使用することで、ユーザーはコマンドラインインターフェイス(CLI)を介してLinuxベースのマシンとの安全なリモート接続を確立できます。SSHは…

ADFS とは

ADFS(Active Directory Federation Services)は、Microsoft 社が提供するシングルサインオン(Single Sign-On)のソリューションです。Windows Server オペレーティングシステムのコンポーネントとしてユーザーに、 Active Directory(AD)経由の統合 Windows 認証(Integrated Windows Authentication)ではアクセスできないアプリケーションへの認証アクセスを提供します。 ADFS の優れた柔軟性により、企業はユーザーエクスペリエンスを簡易化しながら従業員のアカウントを管理することが可能になります。シングルサインオンを利用することで、従業員は 1…

コンテキストに応じたアクセス管理(Contextual Access Management)とは?

今日、働く人は作業する場所とデバイスを自由に選択できます。職場は、従来のオフィス環境だけではありません。自宅、コーヒーショップ、顧客先、あるいはこれらのリモートワークの組み合わせです。それに加え、ラップトップ、タブレット、携帯電話、さらには他人の端末など、チームが使用するエンドポイントの種類は多岐にわたり、ITチームのアクセス管理はさらに複雑化します。 仕事の多くが企業のファイアウォールを越えて行われ、IT部門が直接管理できないデバイスで行われることも多い場合、ITチームは個人情報や機密情報への不正アクセスのリスクを低減するためのアプローチを再考する必要があります。この課題を解決するのが、コンテキストに基づいてすべてのアクセス要求のリスクを評価する「コンテキストに応じたアクセス管理」…

Active Directory(AD)とOktaの統合・連携 5つのメリット

Microsoft の Active Directory(AD)は、アイデンティティ管理を行う分散ネットワークで唯一の信頼できる情報源を提供するために非常に重要です。とはいえ、Active Directory には大きな弱点があり、表面化しないまま増大していくコストが特に問題になります。Active Directory の最初のインストールと構成後、すべてのアプリケーションを接続および保守する必要があります。更には、ユーザーにはアクセスのプロビジョニングおよびプロビジョニング解除が必要で、この手動作業で発生したエラーを修復するのに時間がかかるというわけなのです。 多くの企業がすでに Active Directory を稼動させている状況で、各チームはどのようにして確実に…

CIAMとは?CIAMとIAMの違いと認証

アイデンティティおよびアクセス管理(IAM)の世界では、めったに議論が起きません。しかし今日、アイデンティティおよびアクセス管理(IAM)の顧客向けのユースケースについて、業界としてどのように対応するかを巡って論争が巻き起こっています。 CIAMに特有の要件が存在するのは確かですが、だからといって、CIAMのみに特化した製品が必須になるわけではありません。Oktaのアプローチは、強力な基盤プラットフォームと機能を備えた幅広いアイデンティティおよびアクセス管理クラウドサービスを提供して、CIAM ユースケースに対応するというものです。私たちは、これが優れた長期的な選択だと考えています。 CIAMとは CIAMとは、Customer(Consumer) Identity and Access…

IAMにおけるSSOのメリット

今日のアイデンティティ管理の世界では、エンタープライズのアイデンティティおよびアクセス管理(IAM)を成功させるうえで、シングルサインオン(SSO)機能が非常に重要とされています。増加が続くクラウドベースアプリケーションへのアクセスを要求する、社内外の何千ものユーザーを管理しているIT部門の仕事は増える一方です。こうした複雑さに加えて、これらのユーザーは時間、場所、使用しているデバイスを問わずアクセスできるように要求してくるのです。 さらに、チーム業務の合理化を謳うアプリが今や何百万も存在するという状況になっています。イノベーションが絶えず発生しているとはいえ、セットアップ、適切なセキュリティプロトコルの確認、およびユーザーのオンボーディングにかかる非生産的な時間を考えると…

従業員のオンボーディングとオフボーディングプロセスに IT 管理者が忙殺されないために

クラウドサービスが急速に普及する中、イノベーションに追いつきながらすべての企業が抱えるアプリケーション開発要求に対応しようとして、IT 部門はいくつかの新しくて複雑な問題に直面しています。 IT 部門は、社内プロセスのためだけでなく、顧客であるエンドユーザーのためにも、生産性とセキュリティを改善しようと絶えず努力しています。業務の最新化を目指す企業の IT マネージャーは例外なく、新規の従業員のオンボーディング、多数の異なるアイデンティティライフサイクルの管理、面倒なオフボーディングプロセスの監視という難題を抱えます。対応次第では、どれも大きなセキュリティリスクを引き起こしかねません。こうした重大な問題のいくつかについてご説明しましょう。 従業員とアプリの増加がアカウント管理の肥大化を招く…

SCIM とは

SCIM(System for Cross-domain Identity Management: クロスドメインアイデンティティ管理システム)は、ユーザープロビジョニングの自動化を可能にするオープン標準規格です。将来、テクノロジーがクラウドベースになることが明白になったことを受けて2011 年に策定されました。SCIM は、アイデンティティプロバイダー(多数のユーザーを持つ企業など)とユーザーアイデンティティ情報を要求するサービスプロバイダー(エンタープライズ SaaS アプリケーションなど)との間でユーザーアイデンティティデータをやり取りします 多くの企業が SCIM を使用する理由 端的に言えば、SCIM によりユーザーデータのセキュリティが向上し…

Archive