エンタープライズのIDおよびアクセス管理 (IAM) における、シングルサインオン(SSO)のメリット

今日のアイデンティティ管理の世界では、エンタープライズのアイデンティティおよびアクセス管理(IAM)を成功させるうえで、シングルサインオン(SSO)機能が非常に重要とされています。増加が続くクラウドベースアプリケーションへのアクセスを要求する、社内外の何千ものユーザーを管理している IT 部門の仕事は増える一方です。こうした複雑さに加えて、これらのユーザーは時間、場所、使用しているデバイスを問わずアクセスできるように要求してくるのです。

さらに、チーム業務の合理化を謳うアプリが今や何百万も存在するという状況になっています。イノベーションが絶えず発生しているとはいえ、セットアップ、適切なセキュリティプロトコルの確認、およびユーザーのオンボーディングにかかる非生産的な時間を考えると、利用できるのは厳選された少数のツールに限られます。SSO はこうした状況の合理化に役立ちます。シングルサインオンは、プロビジョニングやコンプライアンス要件の遵守からヘルプデスクへの依頼件数の削減に至るまで、エンタープライズの IAM の効率を高めるうえで不可欠な役割を果たします。シングルサインオンソリューションの導入が企業の生産性をどのように本質的にメリットをもたらすのか、いくつかの例をご紹介します。

チームの多目的性にシームレスに追随するソリューション

ユーザーが業務を遂行するにあたり、クラウドベースのツールにすばやく安全にアクセスできることが以前にも増して必要になっています。一元化されたアイデンティティおよびアクセス管理がなければ、従業員は使いたいアプリやサービスごとに手動でログインしなければならず、ソフトウェアにアクセスすること自体が時間のかかるプロセスになってしまいます。しかし、別の方法もあります。Okta ダッシュボードにログインするだけで、オンプレミス、リモートのノートパソコン、モバイルデバイスのどこからでも、目的とするアプリケーションをすぐに利用できるのです。現在、SalesforceDropbox をはじめとして 5,000 を超えるアプリが Okta Application Network に登録されています。今後どれほど規模が拡大するとしても、手動ログインも、パスワードを忘れることも、パスワードのリセットも心配は不要です。

ネットワークが安全であるという信頼感

IT 部門は、シングルサインオンソリューションを使って、特定のアプリケーションにアクセスしたユーザーの概要(アクセスの発生時刻、ユーザーのアクティビティに関するその他の重要情報など)をリアルタイムで監視することもできます。こうした情報は、エンタープライズの IAM のセキュリティの完全性を保証するのに有効で、リアルタイムのシステムログは、地理的位置の追跡、アクセスレポート、SIEM との統合などをカバーします。その他のよくあるセキュリティリスクも、SSO で対応できます。たとえば、パスワードが自動保存されたノートパソコンや携帯電話を従業員が紛失した場合、IT 部門はそのユーザーのアカウントへのアクセスを直ちに無効化できます。

適切なユーザーに適切なアクセス権

適切なユーザーが適切なリソースにアクセスできることを、どのように保証するのでしょうか。特定の書類やアプリケーションへのアクセス権を上級管理職に限定する一方で、一般の従業員には業務遂行に必要なツールや情報を提供しなければならない金融機関にとって、これは大きな問題になります。Okta をはじめとする多くのエンタープライズの IAM ソリューションは、SOX、HITECH、PCI などのコンプライアンスレポート用の監査機能を搭載しています。SSO では、各ユーザーのロール、部門、役職に基づいてこのアクセスを設定することで、ユーザーごとにアクセスできるリソースとアクセスできないリソースを可視化し、透明性の高い管理を実現できます。

常にスムーズに前進するチーム作り

変動要素が非常に多く複雑さがきわめて高いために対応できなくなる状況でも、認証ポイントを 1 箇所に集中すれば簡素化できます。毎日 1 度だけサインインすれば済むので、日常業務の合理化につながり、重要な業務に集中できます。プロセスが自動化されるため、IT 部門は、ヘルプチケットに対応したり、さまざまなユーザーや部門に合わせてツールを配備したりするような低レベルの管理作業に煩わされなくなります。そして、効率、セキュリティ、拡張性に関わる大局的な問題に取り組めるようになります。

SSO でどれほどの業務合理化を達成できるかを、ぜひお確かめください。実際 1 回のクリックで済むくらいに簡単です。