FIDOの標準規格(UAF、U2F、FIDO2)をわかりやすく解説

FIDOは、認証技術の1つで、ラテン語で「信頼」を意味するfidoに由来する頭字語であり、エイブラハム・リンカーンが飼い犬の名前に使用したことで広く知られるようになりました。人間にとって良き友である愛犬にぴったりの名前であるのと同様に、信頼が鍵となるセキュリティの世界で使用するのにもふさわしい言葉です。 技術的な意味で使用されるFIDO(Fast IDentity Online)は、2012年に登場し、PayPal、Lenovo、Google、Visa、Microsoftなど、FIDOアライアンスと呼ばれる大手テクノロジー/金融企業の後ろ盾を得ています。公開鍵暗号に基づくFIDOの標準規格は、ほぼすべてのタイプの認証をサポートするように設計された一連のプロトコルです。たとえば、指紋…

シングルサインオン(SSO)の導入は難しいし、デメリットになる?

Okta では、認証とセキュリティに関する最新のアイディアやベストプラクティスの共有を積極的に行っており、その中には認証やセキュリティに関する誤解を解く作業もあります。このブログは、シングルサインオン(SSO)に関する良くある勘違いや誤解を解くシリーズの第 4 弾です。今回は、SSO(シングルサインオン)に関して Okta が把握しているすべての誤解(デメリット)をご紹介し、紐といていきたいと思います。 SSO の導入には時間も労力もかかる、というのが一般的な考えです。ADFS などの従来のソリューションではそのとおりかもしれませんが、最新のクラウドベースの SSO の場合、そのようなことはありません。 現在、火曜日の午前 11 時 15 分です。Laura は、11 時 30…

Archive

フォローする
Share on Linkedin Share on Facebook Share on Youtube