MFA (Multi-Factor Authentication)

Salesforce MFAの要件:2022年2月までにアプリケーションとユーザーを保護

リモートワークやデジタルサービス提供の常態化に伴い、あらゆる組織が自社のアプリケーションやシステムへのアクセスを拡大し、デバイスや場所を問わず簡単にログインできるようになっています。これにより、ユーザーの利便性は向上しますが、同時に攻撃者の標的となってしまいます。その結果、ログインセキュリティは、誰もが優先的に取り組むべき課題となっています。 Salesforceも、このような脅威に対応している企業の1つです。顧客関係管理(CRM)ソリューションで、製品のセキュリティを強化するための新たな要件が導入されることが発表されました。2022年2月1日より、すべての顧客は多要素認証(MFA)を有効にする必要があります  Salesforceは、すでにほとんどの製品でMFA機能を提供しており…

ワンタイムパスワード(OTP)とは OTPのメリットと種類

ワンタイムパスワード(OTP)とは、使い切りのパスワードを指します。具体的には、1回のログイン試行またはトランザクションでユーザーを認証する文字列または数字列(トークン)です。OTPをシステムログインに導入し、ユーザー認証することで、不正アクセス対策などのセキュリティ強度をあげることができます。OTPのアルゴリズムは、時間ベースのデータや過去のログインイベントなどのコンテキスト情報を考慮して、ワンタイムパスワードごとに一意の値(トークン)を生成します。 一般的にテクニカルサポートチームは、アカウントまたはWebサイトのログイン資格情報を忘れたユーザー向けとして、または特定リソースが不審なアクセス試行に対して追加の保護を必要とする場合に、OTPを運用します…

COVID-19が働き方に及ぼす影響:Zoomブーム + MFA(多要素認証)が果たす大きな役割

COVID-19のパンデミックは、人々の暮らしと働き方の両方を劇的に変えました。Oktaが本社を置くカリフォルニア州をはじめとして、米国の多くの州が屋内退避やソーシャルディスタンシングの命令を発出し、多くの労働者がリモートワークを余儀なくされています。地方政府や中央政府が指針を出していない場合でも、多くの企業はオフィスを閉鎖することを選択しています。その結果、全世界の何百万人もの人々が初めてリモートワークを利用しています。 世界中の組織は、長年にわたってビデオ会議を使用してきました(Skypeは2003年に設立され、Zoomは2011年に創業されました)。しかし、リモートで働く同僚とのつながりを維持するための新しい方法が必要となっている現在…

FIDO2とは? CTAPなどWebAuthn関連の用語を解説

2019年3月、World Wide Web Consortium(W3C)は、WebAuthnがパスワードレスログインの公式Web標準になったことを発表しました。WebAuthnは幅広いアプリケーション(Microsoft Edge、Chrome、Firefox、モバイルアプリなど)でサポートされ、今後数年でさらに普及すると見込まれています。前回のブログ記事では、WebAuthnがもたらすカスタマーエクスペリエンスの向上やセキュリティ態勢の強化について、例を挙げて説明しました。 今回は、WebAuthnが新しい標準として確立される上で重要な役割を担った技術的要素とプロトコルについて説明します。 FIDO2とは FIDO2とは、パスワードを使用せず…

パスワードレスの正式なWeb標準 WebAuthn とは

2019 年 3 月、World Wide Web Consortium(W3C)は、WebAuthnがパスワードレスログインの正式な Web 標準になったと発表しました。WebAuthn は幅広いアプリケーション(Microsoft Edge、Chrome、Firefox、モバイルアプリなど)でサポートされており、この数年の間にさらに普及する Web 認証だと考えられています。 この記事では、現在の認証方法の弱点と WebAuthn のメリットについて説明し、WebAuthn の最適な認証フローについて詳しく見ていきます。 現在の Web 認証方法の弱点 WebAuthn が開発された理由とその多様な機能について説明する前に、まず、ユーザー認証の歴史と…

識別子としての電話番号:SMSベース認証のセキュリティリスクと脆弱性

最近、Facebookユーザーが体験した非常に懸念されるログインについて耳にしました。SMSで受け取ったパスワード回復コードを入力すると、誤って他人のFacebookアカウントにログインしたというのです。 このユーザーがSMSの受信に使用した電話番号は、他人が以前所有していた番号がリサイクルされたものでした。最初の所有者がFacebookアカウントと番号の関連付けを解除していなかったため、この番号を使用してSMSベースの認証を試みた結果、最初の所有者のアカウントにログインしたのです。非常にSMSベース認証のセキュリティリスクや脆弱性の問題がある出来事です。 この記事では、このようなインシデントにつながった古いアイデンティティの概念、現在モバイル認証(SMS認証…

Archive