Company + Product

Company + Product

Salesforce MFAの要件:2022年2月までにアプリケーションとユーザーを保護

リモートワークやデジタルサービス提供の常態化に伴い、あらゆる組織が自社のアプリケーションやシステムへのアクセスを拡大し、デバイスや場所を問わず簡単にログインできるようになっています。これにより、ユーザーの利便性は向上しますが、同時に攻撃者の標的となってしまいます。その結果、ログインセキュリティは、誰もが優先的に取り組むべき課題となっています。 Salesforceも、このような脅威に対応している企業の1つです。顧客関係管理(CRM)ソリューションで、製品のセキュリティを強化するための新たな要件が導入されることが発表されました。2022年2月1日より、すべての顧客は多要素認証(MFA)を有効にする必要があります  Salesforceは、すでにほとんどの製品でMFA機能を提供しており…

SAML とは

SaaS Web アプリが普及し、営業担当者向けの顧客関係管理(CRM)から会計担当者向けのインボイスシステムまで様々な分野で従業員の業務効率化が進むようになりました。しかし、いくら優れた生産性向上アプリを導入したとしても、予期しない効率低下やリスクが発生する可能性があります。たとえば「パスワードを忘れた」という電話が頻発して IT 部門が忙殺されることから、データ漏えいのリスクが高まることまで、そのような問題は多岐にわたります。こうした問題は、Security Assertion Markup Language(SAML)を利用して、Active Directory の資格情報を使ってさまざまな外部アプリケーションへのアクセスを可能にすることで解決することができます。 SAML…

Okta導入によるID管理やシングルサインオン(SSO)などIT環境事例

企業が今日の厳しい競争を勝ち抜くためには、テクノロジーを効果的に活用する必要があります。クラウドアプリケーションの導入がかつてなく増えているのはそのためです。Okta の最新のBusinesses @ Work レポートによれば、大企業が配備しているアプリケーションの数は平均で 163 個に達しています。過去 4 年間で、Okta の大企業のお客様が配備するアプリケーションの数は 68% 増加しました。同時に、世界最大規模の企業の 85% が、自社アプリケーションの少なくとも3 分の 1 についてオンプレミスでの運用を継続する計画です。そのような企業は、クラウドの爆発的成長とオンプレミスソリューションの保守という 2 つの課題に直面しています。つまり、ハイブリッドIT環境の管理の問題です。…

リスクベース認証の実装に役立つOkta:セキュリティ強度と使いやすさの両立

数えきれないほど多くの組織が、顧客と従業員の両方について「セキュリティの強度」と「使いやすさ」のバランスをとるという課題に直面しています。ITチームとエンドユーザーの両方を満足させるのは、容易なことではありません。この問題への対応として、Oktaはすべてのお客様向けにリスクベース認証を一般提供するようになりました。 終わりなき戦い:セキュリティの強度と使いやすさのバランス 顧客にとっての意義 顧客に対応する組織であれば、ユーザーに摩擦が及ぶことは是が非でも避けなければなりません。アプリケーションのユーザーエクスペリエンスが低下すれば、組織の収益が甚大な影響を受ける可能性があります。 顧客のアプリへのログインでは、アクセスの場所、タイミング、使用デバイスにかかわらず…

Okta Identity Engine の手引き

Okta はこのたび、Okta Identity Cloud の基盤となるエンジンを発表します。この Okta Identity Engineは、あらゆるアイデンティティエクスペリエンス開発に向けたカスタマイズ可能な一連のビルディングブロックです。これを利用することで、お客様は他のテクノロジースタックと密接に連携した、高信頼性かつシームレスなカスタマーエクスペリエンスを構築できます。つまり、Okta Identity Engine を使って Okta を完全にカスタマイズすることで、アイデンティティの利用法が大幅に広がるのです。 従来の Okta 製品は常に、あらかじめ決定された認証、登録、承認、およびユーザー検証に必要なステップやチェックのフローに従ってきました。Okta…

Okta Access Gateway で、オンプレミスとマルチクラウドのハイブリッド環境でのアクセス管理を簡単に

Okta はもっぱらクラウドアプリケーションのアクセス管理ベンダーとして知られてきましたが、プロトコルのサポートとネットワーク統合パートナーによって、オンプレミスアプリケーションにも対応範囲を広げてきました。Okta には、クラウドツーグラウンド(C2G)への全面的対応も期待されていました。このたび、ハイブリッドエンタープライズ環境を全面的にカバーする待望の Okta Access Gateway が、ついに発表となります。多くの Okta のお客様がすでに使用しているこの新しいテクノロジーにより、Web アクセス管理を最新化し、従来のアイデンティティスタックに縛られることなくクラウドへの経路を確保できます。 将来の IT 環境としてクラウドが大きな注目を集めていますが…

Okta アドバンストサーバーアクセスでダイナミックアクセス制御

安全なクラウドインフラストラクチャでコンテキストに応じた継続的アクセス管理を実現する新製品、Okta アドバンストサーバーアクセスを本日発売いたします。アドバンストサーバーアクセスは、オンプレミス、ハイブリッド、クラウドインフラストラクチャをシームレスな方法で活用する企業に向けてダイナミックアクセス制御を一元化して、資格情報の盗難、再利用、スプロール化、放棄された管理アカウントに起因するリスクを軽減します。Personal Capital 社、Workiva 社、MailChimp 社、VirtualHealth 社などの Okta のお客様が、すでにアドバンストサーバーアクセスをご利用されています。 企業の最も重要なインフラストラクチャ「サーバー」を保護…

Okta の LDAP インターフェイスで LDAP 認証をクラウドに移行

Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)は、メール、顧客関係管理、人事ソフトウェアなどのエンタープライズプログラムにおいて、アクセスを承認したりサーバーから情報を見つけたりする場合に使用されるインターネットプロトコルです。オープンソースで特定のベンダーに偏らず、サポートも充実したプロトコルで、ユーザーが社内か社外かを問わず非常に柔軟に情報を保存できます。拡張性とパフォーマンスに優れているため、企業の製品やサービスの大部分は LDAP プロトコルを基盤に構築されてきており、世界中の企業ネットワークに不可欠なコンポーネントになりました。現在では、数えきれないほどの組織が、多くの重要なビジネスアプリケーションの運用にオンプレミスの LDAP…

Archive