ワンタイムパスワード(OTP)とは OTPのメリットと種類

ワンタイムパスワード(OTP)とは、使い切りのパスワードを指します。具体的には、1回のログイン試行またはトランザクションでユーザーを認証する文字列または数字列(トークン)です。OTPをシステムログインに導入し、ユーザー認証することで、不正アクセス対策などのセキュリティ強度をあげることができます。OTPのアルゴリズムは、時間ベースのデータや過去のログインイベントなどのコンテキスト情報を考慮して、ワンタイムパスワードごとに一意の値(トークン)を生成します。 一般的にテクニカルサポートチームは、アカウントまたはWebサイトのログイン資格情報を忘れたユーザー向けとして、または特定リソースが不審なアクセス試行に対して追加の保護を必要とする場合に、OTPを運用します…

Archive

フォローする
Share on Linkedin Share on Facebook Share on Youtube