データ窃取とは?

データ窃取とは、企業のデータベース、デバイス、サーバーに保存されている情報を盗む行為のことです。この形態の情報窃取は、あらゆる規模の企業にとって重大なリスクであり、組織内外で発生する可能性があります。 データ窃取という用語は、この種の侵害が悪意に基づいているという印象を与える可能性がありますが、必ずしもそうではありません。たとえば、従業員が安全でないフラッシュドライブで情報を持ち帰ったり、契約終了後も情報へのアクセスを保持したりする場合があります。 従業員データは本人が気が付かないうちに、悪意によって盗まれることがよくあります。それは、パスワード管理の不備や安全でないネットワークを悪用したハッカーによって、従業員のアカウントや個人用デバイスが侵害された結果です…

プロビジョニングとデプロビジョニングとは?

プロビジョニングとは、一般的に情報技術(IT)システムをユーザーが利用できるようにするためのプロセスです。組織のニーズに応じて、ネットワーク、サーバー、アプリケーション、ユーザーといったレベルでプロビジョニングを定義することができます ネットワークプロビジョニングは、ユーザー、サーバー、デバイスがアクセス可能なネットワークをセットアップすることです。例えば、通信業界では、ネットワークプロビジョニングを利用して、お客様にモバイル通信環境を提供したりする例があります。 サーバープロビジョニングとは、ネットワーク内で使用できるサーバをセットアップする作業のことです。これには、新しいマシンの作成、データセンターへの物理的なハードウェアの設置、ソフトウェアのインストールと設定…

Okta、Zoom、Slack、BoxのCEOのディスカッション:危機を乗り越え、ニューノーマルを生み出すまで

COVID-19、人種差別に関する待ったなしの対話、分散型の働き方への移行など、今年はいくつもの危機がありましたが、同時に変化のチャンスもありました。 このような危機を乗り越えて「ニューノーマルな働き方」へ向かうためには、安定したリーダーシップが必要です。今日のテクノロジー業界のリーダーは、従業員と家族の健康を守る責任を負っていると同時に、進化するビジネス環境の中で顧客が成功するためのリソースを確保する役割を再定義しています。 この状況を受け、Oktaは先週、BloombergのEmily Chang氏を司会に迎え、ユニークなイベントを共同開催しました。この特別バーチャルイベントには、Okta CEOのTodd McKinnonが、Zoom CEO/共同創業者のEric Yuan氏…

クラウド社会におけるSSHの役割とOkta ASAでSSHアクセスを管理 

米国を代表する作家のマーク・トウェインは、1897年5月に自身の追悼記事が出されたことに応えて、「私の死のニュースは大いに誇張されている」と書いています。100年近くたった1995年、フィンランド人コンピューター科学者のタトュ・ウルネン(Tatu Ylönen)氏は、Secure Shell(SSH)と呼ばれる安全なトランスポートプロトコルを作成しました。一見これらの2つの出来事には何の関係もないようにみえるかもしれませんが、「認識」に関して共通する部分があります。 最も実用的な言い方をすれば、SSHを使用することで、ユーザーはコマンドラインインターフェイス(CLI)を介してLinuxベースのマシンとの安全なリモート接続を確立できます。SSHは…

すべてのお客様に99.99%のアップタイムを提供

職場でのテクノロジー導入から家庭での私的なアプリの使用まで、アイデンティティはさまざまな場面で私たちのデジタルライフの礎となっています。それぞれのアプリ、サービス、またはツールは、ユーザーが誰であるかを正確に識別する必要があることから、インターネットに接続するほぼすべての人を通してアイデンティティの基本的な役割が明らかになります。 99.99%のアップタイムを提供。お客様と従業員のための信頼できるアクセス 顧客から見ると、優れた顧客アイデンティティおよびアクセス管理(CIAM)ソリューションとは、Amazonのような組織を利用する際の登録/ログイン/商品購入を、あらゆるデバイスでシームレスに実現し、同時にアカウントを乗っ取ろうとする犯罪者から保護するものです。また、従業員は…

Archive

フォローする
Share on Linkedin Share on Facebook Share on Youtube