ライフサイクル管理

従業員の役割が変更となる場合でも、または異動や離職となる場合でも、ライフサイクルの各ステージでは異なるツールやシステムへのアクセスが求められます。ライフサイクル管理では、ライフサイクルの各ステップに必要となる権限付与とプロビジョニングのタスクを自動化して、IT 部門の時間を節約したり、プロセスのセキュリティを強化したりすることができます。以下の記事で、より詳しく説明しています。

従業員のオンボーディングとオフボーディングプロセスに IT 管理者が忙殺されないために

クラウドサービスが急速に普及する中、イノベーションに追いつきながらすべての企業が抱えるアプリケーション開発要求に対応しようとして、IT 部門はいくつかの新しくて複雑な問題に直面しています。 IT 部門は、社内プロセスのためだけでなく、顧客であるエンドユーザーのためにも、生産性とセキュリティを改善しようと絶えず努力しています。業務の最新化を目指す企業の IT マネージャーは例外なく、新規の従業員のオンボーディング、多数の異なるアイデンティティライフサイクルの管理、面倒なオフボーディングプロセスの監視という難題を抱えます。対応次第では、どれも大きなセキュリティリスクを引き起こしかねません。こうした重大な問題のいくつかについてご説明しましょう。 従業員とアプリの増加がアカウント管理の肥大化を招く…

プロビジョニングとは ライフサイクル管理の自動化とセキュリティ

プロビジョニング(provisioning)とは、必要に応じて設備やサービスなどのリソースを提供できるように予測し、準備しておくことです。プロビジョニングには、情報技術(IT)システム内のリソースに対するアクセス権の作成、更新、および削除が含まれます。また、従業員と社外ユーザー両方のアイデンティティについて、プロビジョニングはすべての面に関係するオンボーディング、異動、サポート、およびオフボーディングを対象とするライフサイクル管理の一部を指します。 ユーザーのアイデンティティがさまざまな段階を通る流れは、ユーザーのライフサイクル状態の変化と呼ばれます。そのようなイベントが発生すると、その結果としてさまざまなアクションが必要となります。リソースへのアクセスが…

Archive