ディベロッパーによるのためのAPIとSDK

Oktaの提供するAPIとSDKを活用すれば、認証とユーザー管理の構築とアプリへの統合に必要なものをすべて入手できます。

CIAM

既存のスタックを使用したサインインの構築でAPI を保護。コア業務に集中できます。

適切なアイデンティティ管理は非常に重要ですが、とても複雑です。

Oktaなら、エンタープライズレベルのセキュリティを数分でコードに追加でき、費やす時間とエネルギーをコアの業務に集中させることが可能です。

Oktaは13の言語とフレームワークをサポートしているため、既存のコードベースを活用できます。

OktaとAuth0がOne Teamに

Oktaはアプリケーション開発者向けアイデンティティプラットフォームを提供するAuth0の買収を完了しました。これからは共に、アイデンティティ管理の未来を創っていきます。

言語、SDK、API

プラットフォーム用のライブラリ、サンプル、API
(各アイコンをクリックすると、英語のディベロッパー向け専用ページに遷移します)

認証のニーズをすべて満たすプラットフォーム

Oktaで実現できることとは?

※以下のリンクは全て、英語のディベロッパー向け専用ページに遷移します。

認証と認可をアプリに追加。

事前構築されたOktaのサインインコンポーネントを使用することで、ユーザーはユーザー名/パスワード、またはGoogleやFacebookなどの​ソーシャルアカウント​​でサインインできるようになります。

ユーザーがサインインした後は、​ユーザープロファイルを取得​して、ユーザーのロールに基づいてUIをカスタマイズし、許可ポリシーを適用できます。

認証と認可をAPIに追加。

APIの保護​​とアプリケーションのバックエンドの保護にOktaを使用することで、許可されたユーザーとアプリケーションだけの呼び出しが可能になります。​​スコープ​​と​​要求​を定義し、​​ポリシーを構成​​して、APIリソースにアクセスできるユーザーを決定します。

複数のアプリにシングルサインオン(SSO)を実装。

Oktaでは、ユーザーはアプリケーション/サービスごとに異なる資格情報を記憶する必要がなくなり、​​複数のアプリケーションにサインイン​​できます。ユーザーは1 回サインインするだけで、アプリケーションの完全なスイートにアクセスできます。

機密データへのアクセスには多要素認証(MFA)を必須に。

Oktaにより、サインインごとに​​第2レベルのセキュリティ​​(SMS、メール、音声、生体認証、Okta Verifyなど)を有効にできます。また、場所、ネットワーク、デバイスのコンテキストに基づいてMFAのみを適用するように​ポリシーを構成​​できます。たとえば、オフィスがある国以外の場所にある新しいデバイスからユーザーがサインインする場合にのみ、または機密データにアクセスする場合にのみ、MFAを強制できます。

既存のエンタープライズディレクトリを使用してユーザーのフェデレーションを実現。

Oktaを使用すると、ユーザーは既存のエンタープライズ資格情報を使用して、または Active Directory(AD)サーバーやLDAPサーバーを使用して、内部およびサードパーティのアプリケーションにサインインできます。

アプリケーションにアクセスするユーザーの管理。

OktaのUIを使用して、ユーザーの追加や削除、プロファイルと認証属性の変更、ユーザーサインインに関する問題の迅速なトラブルシューティングを行うことができます。Oktaでは、ユーザーとそのデータを一元的に管理できます。さまざまなサービス、サードパーティアプリ、ユーザーストアから、ユーザーを同期できます。

Oktaの技術ソリューションおよびサポート対象プロトコル

※以下のリンクは全て、英語のディベロッパー向け専用ページに遷移します。

業界をリードするアップタイム

Oktaは、無料ツールを使用している開発者を含め、世界中のすべてのユーザーに99.99%のアップタイムを提供します。

ソフトウェア開発に必要なSDKを開発者のために

SDKをテストして新たな構築方法に挑戦することに関して、Oktaのチームは非常に実践的です。Oktaチームが配信する最新情報をチェックしましょう。

ソフトウェア開発に必要なSDKを開発者のために

SDKをテストして新たな構築方法に挑戦することに関して、Oktaのチームは非常に実践的です。Oktaチームが配信する最新情報をチェックしましょう。

開発者ブログ

開発者フォーラム

YouTubeチャンネル

Disclosure Conference