セキュリティ分析

ID と分析を通じて可視性と、対応を実現

課題

user

境界が消えると、デバイス、サービス、人への制御がより困難になり、セキュリティへのリスクが上がり、対応がより困難になります。

IT

セキュリティ侵害の根本原因の分析や特定をするのは、とても困難です。「何か」ではなく「誰なのか」が問題の場合は、特に困難となります。

Integrations icon

異種のセキュリティシステムを連携させ真のセキュリティの可視性を提供することは、リスク低減し、ROI を達成する上で、依然として大きな障壁です。

解決策

Okta はクリティカルセキュリティコントロールポイントを提供し、あらゆる場所で強力な認証を実施します。また、サイバー攻撃対象領域を削減し、資格情報の侵害やアクセスルールの緩みによる侵害や内部脅威のリスクを軽減します。セキュリティ分析ソリューションと併用して管理することで、Okta は貴社に、ユーザー、グループ、アプリ、デバイスに関する貴重なデータを提供し、全体的なセキュリティの可視化と対応が実現します。

セキュリティ分析 Okta アップデート

サイバー攻撃への可視性と対応を、セキュリティ管理により実現

Oktaはパートナーと共に、以下のようなセキュリティのユースケースを解決するための支援を提供しています:

  • サイバー攻撃チェーン全体の可視化を実現
  • 資格情報の侵害から生じたセキュリティ侵害の根本原因を分析、可視化し特定
  • 不審ユーザーの確認し、主要アプリケーションへのアクセス制限、資格情報の強制的変更等

これによりセキュリティツールへの投資対効果を最大化します。さらに重要なのは、セキュリティ侵害リスクも最大限低減することです。