オンボーディングとオフボーディングの自動化サービス

Okta の SaaS のオンボーディングシステムなら、使用するアプリ全体でユーザーのライフサイクルを自動化

企業は社員をサポートするオンボーディングおよびオフボーディングに過度の時間を費やしています。これは、ユーザーに不適切なアクセス権を与えたり、IT チームの生産性の低下につながる可能性があります。Okta を人事情報システムソフトウェアおよびディレクトリと統合すれば、このプロセスを自動化して全社員のオンボーディングとオフボーディングをシステム化し、より簡単に、より高度なセキュリティを維持しながら行えます。

Okta は、Hendrick 社の IT チームと人事チームの橋渡し役を務め、人事の Workday を使った社員管理に合わせて IT が行うプロビジョニングとプロビジョニング解除を自動化しました。

フリンダース大学は Okta、オンプレミスの学生情報システム、および学習管理システムを統合し、職員、教員、学生に対するアクセス権の付与および解除を自動化しました。

セキュリティの強化 

人間が判断する代わりに自動化ポリシーを利用し、手動プロセスに本質的に伴うエラーを削減します

新入社員の生産性の向上

シームレスなオンボーディングにより、新入社員に必要なツールとアクセス権を入社初日に付与します

コストの削減

プロビジョニング解除とソフトウェアライセンスの回復によって費用を節約します

Okta ライフサイクル管理を使ってオンボーディングとオフボーディングを自動化すると、さまざまなメリットが得られます。

IT 管理者の生産性を高める

IT チームを手動のプロビジョニング作業から解放します (例:アカウントの作成や非アクティブ化)

予定どおりにアクセス権の付与または無効化を実行

新入社員の入社時にアクセス権を付与し、社員が離職したらすぐにアクセス権を取り消す

監査およびコンプライアンスに関する作業の手間を軽減

ユーザーにリソースへのアクセス権が付与された状況についての記録を一元化して管理し、利用状況のレポートを簡単に生成します

ライフサイクルを包括的に自動化

アカウントの操作を自動化

アカウントの作成、更新、非アクティブ化に適用する固有のルールをアプリケーションごとに設定します。

社員の管理

人事または IT システムから変更処理を起動します。さらに、2 つのシステムを接続して、人事と IT 間でデータを同期します。

外注先やパートナーの管理

一般に社員と同じデータストアには格納されないユーザーのライフサイクルを処理するポリシーを設定します。

統合

Okta Integration Network の統合済みアプリをぜひご利用ください。Okta は、ベンダーニュートラルなプラットフォームとして、独自のスタックではなく主要なクラウドおよびオンプレミスパートナーとの統合を重視しています。これにより、お客様は自社の組織に最適なベストオブブリードのテクノロジーを選択できます。