Okta のダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギングを採用する取り組み

ImageHero image 18

それはトップから始まる

人種公道正義に対するリーダーシップの取り組み

CEOのTodd McKinnonは、「Black Lives Matter」運動への​支持​​を表明し、人種的不平等の撲滅に対するOktaの取り組みについて論じています。アイデンティティの多様性を重視するOktaは、黒人・先住民・有色人種(BIOC)の人々が帰属意識を持つことのできる場所です。まだ道半ばですが、私たちはこの活動への取り組みと進歩の共有に専心しています。
 

どのように実現しているか

Oktaの戦略

Oktaは、ダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギングに対する​長期的な取り組み​の一環として、同僚の多様性の実現を支援し、人種公道正義への専心を確保するため、特定の活動を推進する必要があることを認識しています。Oktaは、職場、従業員、市場の3つの重要分野に焦点を当てており、これらの分野での活動の進捗を報告するため、2020年秋に初のインクルージョンレポートを発表します。
 

まずは、Oktaの社内を見つめることから

インクルージョン言語プロジェクト

Oktaは、インクルージョンとビロンギングの文化を育むことに全力で取り組んでいます。私たちは、チーム内および組織全体にわたるインクルージョンとビロンギングを醸成するうえで、コミュニケーション(言語および非言語の両方)が非常に重要であると認識しています。Oktaは「インクルージョン言語プロジェクト」の一環として、製品、コード、メッセージから攻撃的・排他的な語句を排除しています。この取り組みを継続する中で、定期的に最新情報を共有していきます。

将来への投資

Okta Ventures

Okta Venturesは、投資家のエコシステム全体でダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギングの支援に取り組んでいます。Oktaは、Hustle Crew​を通じて、ポートフォリオの企業向けに無意識の偏見に対処するためのトレーニングを提供しています。また、Grid110​と提携し、スポンサー/パートナーとして黒人起業家を支援しています。

時間と資金を投入して貢献

人道主義の活動

Oktaは、社会貢献を目的とする「Okta for Good」を通じて、人種公道正義と人材開発の補助金のために3年間で100万ドルを拠出しました。また、これらの新しい補助金の拠出先を決定するため、「People of Color @ Okta」チーム([email protected])、「ダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギング(DIB)」チーム、「Okta for Good」チームのリーダーが参加する「人種公道正義のための従業員諮問委員会」を結成しました。

黒人の同僚を支援

有色人種を支援する「People of Color @ Okta」グループ

人種公道正義を促進するOktaの活動は、「People of Color」グループとの協力により設計・実施されています。2018年3月に従業員リソースグループ(ERG)として発足した[email protected]は、このグループのリーダーやメンバーと連携し、継続的に黒人の同僚やコミュニティのニーズに耳を傾け、対応しています。

Oktaの「ダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギング」プログラム

DIBに対するOktaの取り組み

インクルージョンとビロンギングの意識向上
開かれた会話と教育のための空間作り
多様な才能とバランスの取れたチームのための基盤作り

Okta のビジョン

インクルージョンとビロンギングの文化を育みながら多様性溢れる職場を作り、イノベーションと社員の成長を促す

Okta のアプローチ

Okta のダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギング(DIB)プログラムは、次の 3 つの領域に焦点を当てています。

Okta のアプローチ

Okta のダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギング(DIB)プログラムは、次の 3 つの領域に焦点を当てています。

社員

Okta は、バランスの取れたチーム作りのために、ダイバーシティ(多様性)に富んだ人材を採用することを重視します

職場環境

Okta は、オープンな会話と教育を通じて社員の成長を促し、周りから信頼される人材となれるようにサポートします

対象市場

Okta は多様なお客様のいる市場で営業活動を行います

Okta の人材リソースグループ

Women @ Okta
POC at Okta
Pride at Okta.