Okta のダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギングを採用する取り組み

ImageHero image 18

Oktaの「ダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギング」プログラム

DIBに対するOktaの取り組み

インクルージョンとビロンギングの意識向上
開かれた会話と教育のための空間作り
多様な才能とバランスの取れたチームのための基盤作り

Okta のビジョン

インクルージョンとビロンギングの文化を育みながら多様性溢れる職場を作り、イノベーションと社員の成長を促す

Okta のアプローチ

Okta のダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギング(DIB)プログラムは、次の 3 つの領域に焦点を当てています。

Okta のアプローチ

Okta のダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギング(DIB)プログラムは、次の 3 つの領域に焦点を当てています。

社員

Okta は、バランスの取れたチーム作りのために、ダイバーシティ(多様性)に富んだ人材を採用することを重視します

職場環境

Okta は、オープンな会話と教育を通じて社員の成長を促し、周りから信頼される人材となれるようにサポートします

対象市場

Okta は多様なお客様のいる市場で営業活動を行います

Okta の人材リソースグループ

POC at Okta
Pride at Okta.
Vets at- Okta image1

私たち社員は、社内においても社外においても Okta の一員です

Okta の社員は、人間のアイデンティティは多様性があることを理解しています。ここでご紹介するビデオでは、Okta の社員が一個人またはプロフェッショナルとして自らのストーリーを語り、他の社員のモチベーションを高めています。これらの社員は Okta にとって問題解決者であり、芸術家であり、起業家であるといえます。

採用主任である Sarah Schiff が、舞台芸術における自らの経歴を、採用という仕事にどのように活かしているかを語ります。

ロッククライミングは本質的に複雑な問題解決である。少なくとも、OktaのシニアセールスエンジニアであるAkin Edwardsはそう考えています。

Oktaのセキュリティとコンプライアンスの責任者であるChris Niggel氏は、リスクの評価と災害への対応のエキスパートです。