ゼロトラストセキュリティ

ゼロトラストはアイデンティティから。アイデンティティはOktaから。

アイデンティティファーストでゼロトラストセキュリティに取り組む

アイデンティティはゼロトラスト戦略の中核です。近年、境界がアイデンティティレイヤーへと移り、アイデンティティベースのサイバー攻撃が増加しています。その結果、「人」がゼロトラストエコシステムの最重要要素となっています。

アイデンティティファーストでゼロトラストセキュリティに取り組むことで、適切な人が適切なコンテキストで、適切なリソースに適切なレベルでアクセスできるようにでき、またアクセスを継続的に評価できます。さらに、これらすべてをユーザー側に摩擦を生じさせずに実現します。そのような状態に到達するのは言うほど簡単ではありません。しかし、Oktaがそのお手伝いを提供します。

ゼロトラストセキュリティ

ゼロトラストの状況について、OktaとForresterが調査を実施しました。その最新分析をご覧ください。

Forresterはレポートで、ゼロトラストの実装に向けてアイデンティティから着手することを推奨しています。これを基本ステップとすることで、一般的な脅威ベクトルから保護するとともに、早期の成果を得てプロセスを始動できます。

Oktaの2021年版「State of Zero Trust Security(ゼロトラストセキュリティの現状)」レポートは、セキュリティリーダーが長期的なリモートワークを可能にするために、どのような計画で自社のセキュリティ戦略を適応させているのかについて、データを掘り下げて解説します。同業他社は、今後12~18か月にどのような課題に優先的に取り組む計画でしょうか。また、ゼロトラストセキュリティ成熟曲線のどの段階にあるのでしょうか。これらの疑問に答えます。

アイデンティティでゼロトラスト戦略の基礎を築く

ゼロトラストのセキュリティアーキテクチャを実現するための特効薬はありません。そのため、ジャーニーはそれぞれの組織で異なります。アイデンティティに関しては、Oktaのお客様がゼロトラストのセキュリティ戦略を進めるために、いくつかの成熟段階を経ていることが明らかになっています。このアイデンティティ成熟フレームワークは、ゼロトラストの目標を達成するために即座に行動を起こす上で役立ちます。

自社が成熟曲線のどこに位置するか、ご興味がおありですか?Oktaのゼロトラスト評価を利用することで、アイデンティティからゼロトラストのジャーニーに乗り出し、安全を確保する方法についてパーソナライズされた提案を得られます。

Zero Trust Maturity Curve

セキュリティエコシステム全体へとアイデンティティを拡張する

セキュリティエコシステム全体へとアイデンティティを拡張する

アイデンティティはゼロトラストセキュリティ戦略にとって不可欠な要素ですが、目標を達成するには他のセキュリティソリューションも必要となります。Oktaの活用により、自社のテクノロジーエコシステム全体でアイデンティティソリューションをシームレスに統合し、ゼロトラストへのアプローチを一元化できます。Oktaは、他のセキュリティリーダーとの提携を通じて、お客様がゼロトラストセキュリティの包括的目標に取り組むための支援を提供します。さらに、拡張されたゼロトラストエコシステムのあらゆるコンポーネントにわたる有意義な統合を実現します。

詳細を見る

MFA