ゼロトラストセキュリティ

決して信頼しない

ゼロトラストセキュリティのアプローチ

モバイルとクラウドの採用が進む中、ネットワーク境界を中心としてセキュリティを考えることができなくなっています。その代わりに、従業員、パートナー、請負業者など、さまざまなユーザーのアクセスを、場所、デバイス、ネットワークに関係なく安全に実現する必要があります。

ゼロトラストセキュリティのアプローチでは、適切な人が、適切なコンテキストで、適切なリソースに対して、適切なレベルのアクセスを持ち、そのアクセスが継続的に評価されることを保証します。また、これらをすべて、ユーザーに摩擦が及ばないようにして実現します。完璧なゼロトラストは一夜にして得られるものではありません。

ゼロトラストセキュリティの状況

「Forrester’s evolution of the Zero Trust framework – the Zero Trust Extended Ecosystem (ZTX)(Forrester のゼロトラストフレームワークにおける進化 – Zero Trust Extended Ecosystem(ZTX))」の中で、アナリストである Chase Cunningham 博士は、ネットワークセグメンテーションからの脱却について強調しています。 Okta はゼロトラストセキュリティにおけるリーダーとして認知されてきました。


ゼロトラスト戦略の基盤となるアイデンティティ

ゼロトラストセキュリティのアーキテクチャを実現するための特効薬はありません。しかし、アイデンティティおよびアクセス管理は、多くの企業がゼロトラストの実現に向けて着手する中心的テクノロジーとなっています。企業がゼロトラストアーキテクチャを導入する際には、アイデンティティおよびアクセス管理がいくつかの段階を経て成熟していきます。

Zero Trust Maturity Curve

貴社の成熟度をチェックしませんか。ゼロトラストの評価を受けることで、他の組織と比較できます。また、ゼロトラストジャーニーに取り組み、組織のセキュリティを向上させるための最善の方法について、個別の提案を受けることができます。


ゼロトラストをセキュリティエコシステム全体に拡大

Oktaは、ゼロトラストのフレームワークの基盤としてアイデンティティを提供するだけでなく、セキュリティソリューションを深く統合し、ゼロトラストへのアプローチを統一します。Okta Integration Networkを介して、Oktaは拡張されたゼロトラストエコシステムのすべてのコンポーネントに投資し、深い統合を維持しています。

Extending Zero Trust across the Security Ecosystem

貴社の成熟度は?

ゼロトラストの評価を受けることで、他の組織と比較できます。また、組織のセキュリティを確保する方法について、個別の提案を受けることができます。