社員向けMFA (多要素認証)導入によるセキュリティ強化

OktaのMFA(多要素認証)は、コンテキストに応じたポリシーおよび選択した要素を使用して、社員の認証セキュリティを強化します。

ImageHero image 15

コンテキストに応じたMFA認証ソリューションを導入すれば、組織のセキュリティ体制が以下の点で強化されます。

不正アクセスを防ぐ

パスワードを廃止する時が来ました。Okta アダプティブMFAを使用する場合、SaaSアプリとオンプレミスのレガシーアプリ、VPNなどの両方に認証するための強力なマルチファクターの要素を必要とすることができます。

資格情報の窃取から保護する

フィッシング、スピアフィッシング、パスワードスプレー、クレデンシャルスタッフィングなどのソーシャルエンジニアリング攻撃や総当たり攻撃のために、ユーザーは常に脆弱な状態にあります。Okta のアダプティブMFAを使用すれば、資格情報を保護できるだけでなく、こうしたよくある攻撃からユーザーを保護できます。 

コンテキストに基づいたアクセス権の決定

ITおよびセキュリティチームは常に、使いやすさとセキュリティの板ばさみになっています。ユーザーに要素の入力を求める前にデバイス、IP、場所などのコンテキストを評価するアダプティブMFAを導入すれば、エンドユーザーのエクスペリエンスを良好なレベルで維持できます。

OktaのMFA(多要素認証)の導入で、さまざまなビジネス要件に柔軟に対応する

OktaのMFA(多要素認証)を導入したプロジェクトの事例では、以下の点に注目してください。 

選択した認証要素の使用

認証および承認については、企業ごとに独自の要件があります。お客様のビジネスのセキュリティ要件に最適な要素を選択してください。 

Authentication factors of your choice

統合

Okta のパートナー統合を利用すればセキュリティ体制を拡張できます。Okta はベンダーニュートラルなプラットフォームとして、独自のスタックではなく主要なセキュリティソリューションとの統合を重視しています。これにより、お客様は自社のビジネスニーズに最適なベストオブブリードのテクノロジーを選択できます。自社で選択したセキュリティベンダーを活用して、MFAへの投資から最大限の成果を引き出してください。