Okta FastPass

常にパスワードレス認証を可能に

Okta FastPass では、業務に必要なリソースにアクセスする際の認証プロセスに、デバイスを問わず、パスワードレス認証を組み込むことができます。Okta の適応型ポリシーチェックを適用しつつ、社内リソースにアクセスする際の煩雑さを最小限に抑えることができます。

Okta FastPass の主なメリット:

常にパスワードレス認証ができる

あらゆるデバイスや場所からOktaが管理するアプリへのログインの際にパスワードが必要なくなります

任意のデバイス管理ツールで利用可能

Active Directory への参加や EMM(エンタープライズモビリティ管理)/MDM(モバイルデバイス管理)プロバイダーに依存せずにパスワードレスログインが可能になります

デバイスレベルの生体認証と連携

生体認証対応のデバイスでは、ログインからアプリへのアクセスまでのエンドツーエンドの操作がパスワードレスになります。生体認証を使ったデバイスへのログイン後、Okta が管理するアプリを利用する際は、パスワードの入力を促すメッセージが表示されません。

Device Trust のチェック

オプションとして、Device Trust と Okta FastPass とを組み合わせ、管理対象の準拠デバイスでのみパスワードレス操作を可能にすることができます。

ユースケース

  • Azure AD 参加 + Intune 管理対象の Windows デバイスのサポート
  • Azure AD 参加 + VMware Workspace ONE 管理対象の Windows デバイスのサポート
  • Jamf または他の任意のエンタープライズモビリティ管理ツールで管理される MacOS デバイスのサポート 
  • Intune 管理対象の iOS および Android デバイスのサポート
  • VMware Workspace ONE および MobileIron 管理対象の iOS および Android デバイスのサポート
  • AD 参加の Windows デバイスのサポート
  • ...他多数

Okta Devices Platform Service の詳細をぜひご確認ください

詳細は、データシートをダウンロードしてください。