Skip to main content

【4/24開催ウェビナー】アプリ利用動向調査レポートを徹底解説

【4/24開催ウェビナー】アプリ利用動向調査レポートを徹底解説

参加申し込みをする

参加申し込みをする

【4/24開催ウェビナー】アプリ利用動向調査レポートを徹底解説

無料トライアル
お問い合わせ
Questions? Contact us: 1 (800) 425-1267

The State of Secure Identity Report 2023

今日最も一般的な攻撃パターン、そして今後の脅威環境を形作る大局的なトレンドをご確認ください。

レポートをダウンロード
A man smiling while glancing down at his phone.

ビジネスの成長を促進しながら、
攻撃から保護する

AIが脅威環境を大きく変えている中、カスタマーアイデンティティの保護はかつてないほど困難になっています。摩擦を最小限に抑えながら、ますます巧妙化する攻撃の先手を打つにはどうすればよいでしょうか。

Oktaの調査で明らかになったデータを、以下に紹介します。

A login screen and percent of web application attacks involving use of compromised credentials.

脅威の最初の標的となるのが お客様のカスタマーアイデンティティです。

顧客向けアプリケーションやサービスでは、ログインボックスが「出迎え役」と「門番」の両方の役割を果たすことから、攻撃者の標的になっています。

 

犯罪者は手法を進化させ、この第一の防衛線を突破することにますます注力しています。

不正な登録は、正規の顧客による製品、サービス、またはインセンティブへのアクセスを妨害し、ATO攻撃や合成アイデンティティ詐欺につながる突破口を作り出します。

A chart displaying percents of fraudulent registration attempts from eCommerce, Financial Services, and Media.

不正はログインボックス以前に始まっている

企業が顧客基盤を拡大させるための金銭的インセンティブが、犯罪者に悪用されています。

 

7分の1 

のアカウント登録は不正です。

攻撃者は、最も価値のあるもの、さもなくば最も脆弱なものを狙う

A chart displaying credential stuffing and MFA bypass attempts from eCommerce, Financial Services, and Media.
A chart displaying credential stuffing and MFA bypass attempts from eCommerce, Financial Services, and Media.
A woman verifying her account to confirm she is not a robot.

回復力が高ければ、攻撃を受ける可能性は低くなる

AIを活用したボット検知は、認証システムを標的とするボットの80%近くをフィルタリングできることが証明されています。大規模組織の中には、クレデンシャルスタッフィングの試みやボットのトラフィックが90%減少したケースもあります。

 

パスワード侵害の検知によって、クレデンシャルスタッフィングのトラフィックが90%以上減少したケースもあります。

 

もっと詳しく知る

 

どのような点でお困りですか?営業担当者へのお問い合わせ
お問い合わせ
企業概要

Copyright © 2024 Okta. All rights reserved.
  • Privacy Policy
  • Site Terms
  • Security
  • Sitemap