セキュリティリサーチ

FIDOの標準規格(UAF、U2F、FIDO2)をわかりやすく解説

FIDOは、認証技術の1つで、ラテン語で「信頼」を意味するfidoに由来する頭字語であり、エイブラハム・リンカーンが飼い犬の名前に使用したことで広く知られるようになりました。人間にとって良き友である愛犬にぴったりの名前であるのと同様に、信頼が鍵となるセキュリティの世界で使用するのにもふさわしい言葉です。 技術的な意味で使用されるFIDO(Fast IDentity Online)は、2012年に登場し、PayPal、Lenovo、Google、Visa、Microsoftなど、FIDOアライアンスと呼ばれる大手テクノロジー/金融企業の後ろ盾を得ています。公開鍵暗号に基づくFIDOの標準規格は、ほぼすべてのタイプの認証をサポートするように設計された一連のプロトコルです。たとえば、指紋…

Archive