未来の仕事はフレキシブルに Dynamic Work

私たちの働き方は変化しています。一人一人に合った、フレキシブルな働き方は従業員をの意欲を高め、生産性をあげ、一人一人をより成功に導きます。「仕事の未来に関するフレームワーク」からあなたに、また貴社にとって、ご活用できることがありましたら、ぜひご活用ください。

私たちのビジョンは職場でのエクスペリエンスを一人一人に適したものにすることです。

私たちは従業員がそれぞれ、自分にとって一番いい場所から働くことを可能にし、フレキシブルな勤務スケジュールと適切なテクノロジーを提供し、かつ一人一人に適した業務をつくり、各人にとっても有意義な業務を提供します。また、私たちは人々がコラボレーションし、コミュニケーションするためのユニークな方法を見つけました。これにより、人々は責任感を持ち、帰属意識も感じることができるでしょう。

Okta が 2019 年にダイナミックな業務環境(Dynamic Work)をパイロット運用し始めた時、このフレキシブルな仕事環境がエンパワーメント、満足感、生産性を向上させるメリットがあることがわかりました。COVID-19 によるパンデミックは、ダイナミックな業務環境(Dynamic Work)への移行を加速します。私たちの経験とビジョンは、自分の働く環境をどのように改革したらよいかと検討を重ねているすべての企業に遍く適用できると信じています。私たちは、一緒に、仕事をより楽しく、持続可能にしていくことが可能です。

Okta new office

ダイナミックな業務環境(Dynamic Work)は世界中でおこっている変化に対応可能

COVID-19 以前も、マクロ経済、世代、テクノロジーのトレンドは労働力に影響を与え、リモートワークのみならずくDynamic Work(ダイナミックな業務環境)  は必要な物でした。当社の戦略は、従業員が直面する現実に備えるために役立ちます。

都市のコストは高くつく

都市生活のコストは急速に増加していますが、給与は同じように増えるわけではありません。このため、従業員は、家賃や住宅ローンに多額の支払いをするか、都市の郊外で暮らし毎日何時間も通勤するようになります。従業員が、どこからでも働けるようにすることで、効率を高め、組織が多様性に富む人材をオフィスのある都市以外の場所からも採用が可能となります。

世代の変化

インパクト、自由、柔軟性を優先することで知られるミレニアム世代が、 2025 年までに労働力の過半数を占めるようになるでしょう。1990年代以降に生まれた世代・ジェネレーション Z は初めて職場に参入するようになりますが、この世代の好みはミレニアル世代ともジェネレーション X とも異なります。このように異なる世代をフレキシブルな働き方へのアプローチにより支援することで、彼らは重要なインパクトのある素晴らしい仕事をすることが可能となります。

テクノロジーのトレンド

これからはすべての企業がテクノロジー企業となります。クラウドテクノロジーの普及で、組織はよりフレキシブルな運用が可能となり、従業員や顧客のニーズにどこからでも対応できるようになります。

分散する従業員

COVID-19 によるパンデミックにより、業界全体におけるリモートでのコラボレーションや、セキュリティ、生産性に対するソリューションへのニーズが加速しています。従来の職場環境は過去のものとなり、組織はより分散したフレキシブルなあり方へと向かっています。より柔軟でダイナミックとなる貴社の従業員を安全に保護する方法 について、ご確認ください。.

適切なテクノロジーインフラストラクチャを入手する

適切なテクノロジーの導入は、従業員全員が成功するため、とても重要です。従業員がオフィススペース、コーヒーショップ、自宅等、どこから接続しても効率的にコラボレーションできること、そして従業員の生産性があがり、業務を成功に導くようなテクノロジーにアクセスできることが必須です。

職場においてコラボレーションをすること、そしてセキュリティ、生産性をあげる様々なツールをたくさん利用していくことは、おそらく今後も変わらないでしょう。ダイナミックな業務環境(Dyanamic Work)には、Box、Slack、Proofpoint、Zoom、デジタルホワイトボード、使用率センサー等、様々なソフトウェア、ハードウェアツールが必要です。生産性とコラボレーションを改善し、ダイナミックな労働力を確保するために組織が採用しているツールに関しては、我々の最近の[email protected] From Home レポート及びリモートワークツールキットにて御確認ください。

従来のワークスペースの再設計と再考

今後より行動的となる従業員に対し、働く場が「どのように順応すべきか」再考する必要があります。今後の新たな環境は、状況に適応可能な空間で、就業時間中は可動式で、フレキシブルな活用が可能である一方、効率的な接続とコラボレーションのための最新テクノロジーも備わっていることでしょう。この業務スペースは、顧客、パートナー、従業員がつながったり、「業務の場」となり、定期的な社内スケジュールは、もはや必要がなくなります。

将来のオフィスに対する我々のドラフト(草案)をスクロールしてご確認ください。

前へ
次へ

優れた企業カルチャーを築く

ダイナミックな業務環境(Dynamic Work)は、従業員がどこからでも仕事ができる、というだけではありません。同程度の福利厚生(ヘルスケア、フィットネス、ボランティアの機会)を提供しつつ、フレキシブルな職場環境と経験を提供することです。ダイナミックな業務環境を提供するに当たりリーダーは、従業員をどう支援するか、また優れた企業文化をどうしたら築けるかを再考する必要があります。そのカギは柔軟性に富んだ、従業員の業務時間、場所、勤務スタイルを提供することにあります。: 具体的には従業員の勤務時間、居住地、勤務地、提供する福利厚生、オフィスで勤務する頻度や時期等です。

ダイナミックな業務環境(Dynamic Work)を提供する組織は、バーチャルに提供される研修や人材開発への参加機会をより増やしてあげる必要があります。一方、採用担当マネージャーは、より広範でより多様な人材プールからの採用が可能となります。これはオフィスや都市の物理的な制約に縛られることがないからです。

仕事を楽しくし、従業員が社交の機会を提供するため、リーダーはバーチャルな社内イベントも整えていく必要があります。例えばハッピーアワーや、従業員リソースグループミーティングに外部スピーカーを招いたり、従業員が賞品を目指して競技するフィットネスコンテスト等があげられます。

Okta company culture