Oktaが「ITreview Grid Award 2021 Summer」のシングルサインオン部門と多要素認証部門で「Leader」を初受賞

Okta Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 渡邉 崇)は、アイティクラウド株式会社が運営するIT製品のレビュープラットフォーム「ITreview」に掲載された製品レビュー(口コミ)をもとに、顧客満足度の高い製品を表彰する「ITreview Grid Award 2021 Summer」のSSO(シングルサインオン)部門と多要素認証(MFA)部門で「Leader」を初受賞したことをお知らせします。

 

itreview

 

ITreviewが掲載している数ある製品の中で市場の認知度が高く、顧客からの満足度も非常に高い製品が「Leader」として表彰されます。

ITreviewでは、実際に製品を利用されている方の評価(レビュー)をもとに、製品ごとの「使い勝手」や「機能の違い」「サポート品質」を、比較表の自動作成機能や、カテゴリーレポートを用いて分かりやすくご紹介しています。

Oktaのユーザーレビューはこちらをご覧ください。

https://www.itreview.jp/products/okta/reviews

 

◆ITreview Grid とユーザーの高満足度の称号である Leader とは

ビジネス向けIT 製品・クラウドサービスのレビュープラットフォーム「ITreview(アイティレビュー)」では、集まったリアルユーザーのレビューをもとに

リモートアクセスサービス「moconavi」が、Oktaの「Okta Integration Network」に登録

 Okta Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 渡邉 崇)は、株式会社レコモット(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:東郷 剛、以下「レコモット」)が提供するリモートアクセスサービス「moconavi」(モコナビ)が、アイデンティティ管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」と事前連携する7,000以上のアプリテンプレート群「Okta Integration Network」(OIN)に登録されたことを発表します。

moconavi x okta

moconaviは、スマートフォンやタブレットのWindowsPCなどの端末から社内のグループウェアや各種クラウドサービスへ安全にアクセスするためのリモートアクセスサービスです。端末にデータを残さないため、データ漏洩を防ぐことができ、会社支給端末や個人所有端末(BYOD)を問わずに活用されています。今回、moconaviがOINに登録されたことにより、Okta Identity Cloudを利用する組織や企業のIT管理者は、moconaviとのSAML認証方式を利用したシングルサインオン(SSO)の設定作業を、数クリックで迅速に設定できるようになります。

組織や企業が業務で利用するクラウド型アプリの導入数が増えており、利用者への迅速なアプリ展開と安全なアクセスを提供することがIT管理者に求められています

多要素認証アプリ「Okta Verify」 がリスクベース認証に対応

アイデンティティ管理のサービスプロバイダーであるOkta, Inc.(本社:米国・サンフランシスコ 以下Okta)は、 エンドユーザーがOktaアカウントにサインインする際にエンドユーザーのアイデンティティを確認する多要素認証アプリ「Okta Verify」 (プッシュ通知) がリスクベース認証に対応したことを、 最新機能アップデートの中で正式に公開(GA)しました。

この新機能により、 管理者は、 エンドユーザーが組織にサインインしてOkta Verify で認証する時のルール作成において、 サインインのリスクレベルを設定し、 指定されたリスクレベルに対応する認証を割り当てることができます。

リスクレベルの設定は、 下記のリスク要因に応じて3段階(高・中・低)を選択できます。 デフォルトでは「Any」に設定されています。

  • 場所やIP情報の変則性
  • デバイス情報の変則性
  • 疑わしい脅威(例、 DDOS、 ブルートフォースやパスワードスプレー攻撃など)

Add rule image

また、 リスクが高いと判断される認証が生じた時(例えば、 中間者攻撃を受けやすいと判断された場合など)には、 Okta Verify (プッシュ通知)のモードが自動的にナンバーチャレンジへ切り替わります。 このようにリスクベース認証と Okta Verify を組み合わせることで、

打刻レス勤怠管理サービス「ラクロー」が、Oktaの「Okta Integration Network」に登録

Okta Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 渡邉 崇)は、株式会社ラクロー(本社: 東京都世田谷区、代表取締役:岩崎 奈緒己)が提供する打刻レス勤怠管理サービス「ラクロー」が、アイデンティティ管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」と事前連携する7,000以上のアプリテンプレート群「Okta Integration Network」(OIN)に登録されたことを発表します。
 

okta-rakuro thumbnail

ラクローは、テレワーク・在宅勤務時など、打刻や時刻入力だと実態と乖離しやすい環境であっても、PCログ・メール・チャット等の客観的な記録で労働時間を管理できる打刻レス勤怠管理サービスです。今回、ラクローがOINに登録されたことにより、Okta Identity Cloudを利用する組織や企業のIT管理者は、ラクローとのSAML認証方式を利用したシングルサインオン(SSO)の設定作業を、数クリックで迅速に設定できるようになります。

組織や企業が業務で利用するクラウド型アプリの導入数が増えており、利用者への迅速なアプリ展開と安全なアクセスを提供することがIT管理者に求められています。OINへの登録により、IT管理者は、アプリをSSOに追加する作業時間のスピードと効率を大幅に向上させることができます。

Okta Japan株式会社の代表取締役社長、渡邉 崇は

クラウド型契約マネジメントシステム「ホームズクラウド」が、Oktaの「Okta Integration Network」に登録

Okta Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 渡邉 崇)は、株式会社Holmes(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:笹原 健太、以下 Holmes)が提供するクラウド型契約マネジメントシステム「ホームズクラウド」が、アイデンティティ管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」と事前連携する7,000以上のアプリテンプレート群「Okta Integration Network」(OIN)に登録され、Okta Identity Cloudと連携したことを発表します。

Holmes x Okta

ホームズクラウドは、契約書作成・レビュー・承認・締結・更新・管理といった契約にまつわる業務を集約し、契約業務の効率化を実現できるクラウド型の契約マネジメントシステムです。今回、ホームズクラウドがOINに登録されたことにより、Okta Identity Cloudを利用する組織や企業のIT管理者は、ホームズクラウドとのSAML認証方式を利用したシングルサインオン(SSO)の設定作業を、数クリックで迅速に設定できるようになります。

組織や企業が業務で利用するクラウド型アプリの導入数が増えており、利用者への迅速なアプリ展開と安全なアクセスを提供することがIT管理者に求められています。OINへの登録により、IT管理者は

「LINE WORKS」が、Oktaの「Okta Integration Network」に登録

Okta Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 渡邉 崇)は、ワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福山 耕介、以下 ワークスモバイルジャパン)が提供するビジネス現場のコミュニケーションツール「LINE WORKS」が、アイデンティティ管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」と事前連携する7,000以上のアプリテンプレート群「Okta Integration Network」(OIN)に登録されたことを発表します。

Line Works x Okta

LINE WORKSは、チャットやスタンプのみならず、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、ビジネスの現場で活用できる充実したグループウェア機能を揃えたビジネスチャットです。コミュニケーションアプリ「LINE」とつながる唯一のビジネスチャットとして、LINEのような使いやすさと、LINEとの様々な連携機能により、導入企業数は20万社を超えています。今回、LINE WORKSとOkta Identity Cloudの事前連携が完了したことにより、Okta Identity Cloudを利用する組織や企業のIT管理者は、LINE WORKSとのSAML認証を利用したシングルサインオン(SSO)の設定作業を、数クリックで迅速に設定できるようになります。

設定作業の詳細については

「Nulab Pass」が、Oktaの「Okta Integration Network」に登録

Okta Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 渡邉 崇)は、株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)が提供する、プロジェクト管理ツール「Backlog」(バックログ)、ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」(カクー)、ビジネスチャットツール「Typetalk」(タイプトーク)を利用する際のセキュリティとガバナンスを強化するツール「Nulab Pass」(ヌーラボパス)が、アイデンティティ管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」と事前連携する7,000以上のアプリテンプレート群「Okta Integration Network」(OIN)に登録されたことを発表します。

Nulabpass x Okta

ヌーラボは「チームで働くすべての人に」をコンセプトに、企業のコラボレーションやコミュニケーションを促進するために必要なツールを開発しています。Nulab Passは、ヌーラボが提供するBacklog、Caoo、Typetalkを利用する際にSAML認証方式によるシングルサインオンに対応するアカウントを新規作成することができ、組織や企業のセキュリティとガバナンスを強化します。今回、Nulab PassとOkta Identity Cloudの事前連携が完了したことにより、Okta Identity

「カオナビ」が、Oktaの「Okta Integration Network」に登録

Okta Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 渡邉 崇)は、株式会社カオナビ(本社 東京都港区、代表取締役社長 CEO 柳橋 仁機)が提供するタレントマネジメントシステム「カオナビ」が、アイデンティティ管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」と事前連携する7,000以上のアプリテンプレート群「Okta Integration Network」(OIN)に登録されたことを発表します。

okta-kaonavi

カオナビは、社員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステムです。社員の顔や名前、経験、評価、スキル、才能などの人材情報を一元管理して可視化することで、最適な人材配置や抜擢といった戦略的なタレントマネジメント業務を可能にします。現在、業種・業態を問わず2,000社以上※の人事部をはじめ、経営者や現場のマネジメント層に選ばれています。今回、カオナビとOkta Identity Cloudの事前連携が完了したことにより、Okta Identity Cloudを利用する組織や企業のIT管理者は、カオナビとのSAML認証を利用したシングルサインオン(SSO)の設定作業を、数クリックで迅速に設定できるようになります。

組織や企業が業務で利用するアプリの導入数が増えており

[抄訳]Okta、Auth0の買収を完了

アイデンティティ管理のサービスプロバイダーであるOkta, Inc.(本社:米国・サンフランシスコ 以下Okta)は、アプリ開発者向けアイデンティティプラットフォームを提供するAuth0 Inc.(本社:米国・ベルビュー、以下Auth0)の買収が完了したことを発表します。OktaとAuth0が一緒になることで、デジタル・アイデンティティの幅広いユースケースに対応しながら、安全なアクセスを提供し、誰もがあらゆるテクノロジーを安全に利用することを可能にします。今回の約65億ドル相当の株取引による買収により、800億ドル規模のアイデンティティ市場におけるOktaの成長を加速させます。

Auth0は、Okta内で独立したビジネスユニットとして運営され、Auth0の最高経営責任者(CEO)兼共同創業者であるユーヘニオ・ペース(Eugenio Pace)が指揮を執ります。ユーヘニオ・ペースは、Oktaの最高経営責任者(CEO)兼共同創業者であるトッド・マッキノン(Todd McKinnon)の直属となります。OktaとAuth0の両プラットフォームは、今後もサポートされ、投資を行い、時間をかけて統合されます。それにより、イノベーションを加速させ、Okta Identity Cloudを様々なお客様やユーザーのためにより魅力的なものにしていきます。

トッド・マッキノンは次のように述べています。

バックオフィス支援クラウドサービス群「ジョブカンシリーズ」が、Oktaの「Okta Integration Network」に追加

Okta Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 渡邉 崇)は、株式会社Donuts(東京都渋谷区、代表取締役:西村啓成)が提供するバックオフィス支援クラウドサービス群「ジョブカンシリーズ」の6つのサービス(「ジョブカン勤怠管理」、「ジョブカンワークフロー」、「ジョブカン経費精算」、「ジョブカン採用管理」、「ジョブカン労務HR」、「ジョブカン給与計算」)が、アイデンティティ管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」と事前連携する7,000以上のアプリテンプレート群「Okta Integration Network」(OIN)に追加されたことを発表します。

Nature

ジョブカンシリーズは、バックオフィス業務を効率化するクラウドサービス群です。あらゆる規模の企業や、創業期から成熟期まであらゆる企業のステージに対応しており、シリーズ累計導入社数は100,000社以上です。働き方改革関連法にも対応し、幅広い領域での人事労務業務をサポートしています。今回、ジョブカンシリーズが提供する6つのサービスとOkta Identity Cloudとの事前連携が完了したことにより、Okta Identity Cloudを利用する組織や企業のIT管理者は、ジョブカンシリーズとのSAML認証を利用したシングルサインオン(SSO)の設定作業を

Archive