ゼロトラストセキュリティソリューション

信頼しないことでセキュリティを強化

ImageHero image 29

新たなデータ漏えいの原因から保護

ハッキングに関連したデータ漏えいの 70% は資格情報の盗難が原因です。資格情報をターゲットとした攻撃のリスクを減らす必要があります。

Flex Logo

アクセス制御とポリシーを一元化

ネットワーク境界から脱却し、クラウドとオンプレミスのすべてのアプリケーションへのアクセスを 1 カ所で管理することが必要になっています。

USA Today 社のロゴ

ゼロトラストをサーバーと API に拡張

個別のアクセス制御に伴う問題が起きているのは、アプリケーションレイヤーだけではありません。ITとセキュリティのチームは、サーバーやAPIを含むテクノロジースタック全体のアクセスも管理する必要があります。

Personal Capital 社のロゴ

ゼロトラストのメリット

ゼロトラストセキュリティのソリューションは、増加するクラウドとモバイルに安全に対応できるメリットがあります。従来の境界重視のセキュリティアプローチから脱却し、すべてのユーザー(社員、契約社員、パートナーなど)が場所、デバイス、ネットワークに関係なく安全にアクセスできることに重点を置きます。

ゼロトラストのメリット

ゼロトラストセキュリティのソリューションは、増加するクラウドとモバイルに安全に対応できるメリットがあります。従来の境界重視のセキュリティアプローチから脱却し、すべてのユーザー(社員、契約社員、パートナーなど)が場所、デバイス、ネットワークに関係なく安全にアクセスできることに重点を置きます。

世界中の従業員(社員、パートナー、契約社員)のアクセスを保護

すべてのユーザーのクラウドおよびオンプレミスアプリケーションへのアクセスを統合し、適切なユーザーが必要なリソースのみに、適切なタイミングで確実にアクセスできるようにするメリットがあります。

セキュリティレイヤーを必要なタイミングで必要な場所に追加

ゼロトラストセキュリティソリューションは、適応型でコンテキストベースの多要素認証を利用して、資格情報を標的にした攻撃から保護します。セキュアなパスワードレスのエクスペリエンスをエンドユーザーに提供します。

オンボーディングとオフボーディングを自動化

自社のディレクトリ(AD、LDAP など)や人事システムを記録システムとして利用し、オフボーディングを自動化することにより、孤立アカウントや潜伏アクセスを低減します。

アプリケーション、サーバー、APIに対するゼロトラスト

アプリケーションだけでなく、WindowsおよびLinuxサーバー、APIにもアクセス制御を拡張し、適切なユーザーだけが適切なタイミングで適切なリソースにアクセスできるようにします。

アイデンティティを中心としたゼロトラスト導入実態調査「The State of Zero Trust Security 2021」

日本を含む世界中の組織が現在どのようにアイデンティティ中心のゼロトラストに取り組んでいるのか、また今後18ヶ月の間にどこへ向かおうとしているのかを知るために、Oktaは、700人のセキュリティ意思決定者(日本100人、APAC300人、EMEA100人、北米100人、グローバル2000企業100人)を対象に調査を実施し、調査レポートを作成しました。

ゼロトラストを実現するOktaの製品

ゼロトラスト実現に向けて、まずはアイデンティティとアクセスの管理から始めましょう。その方法を紹介します。

各ゼロトラストソリューションとの統合

ゼロトラストには特効薬はありませんし、1つのベンダーソリューションで実現できるものではありません。Oktaならセキュリティスタック全体でソリューションを統合することで、組織をより簡単に強化できます。

ネットワークセキュリティ

ネットワーク セキュリティ

SSOと認証ポリシーを拡張し、企業ネットワーク全体でセキュアなアクセスを提供します。

Cloud Access Security Brokers Integrations

クラウドアクセスセキュリティブローカー

クラウドトラフィックとアプリケーションの使用パターンを使い、コンプライアンス準拠、脅威からの保護、データ損失防止を強化できます。

Endpoint security and management integrations

統合エンドポイント管理

Oktaとエンドポイント管理およびセキュリティテクノロジーを組み合わせることで、適切なアクセスを適切なユーザーに適切なデバイスで適切なタイミングで提供します。

Security analytics integrations

セキュリティ分析

クラウド、モバイル、オンプレミスのシステムに監視の目を広げることで、セキュリティの相関付けや実施を強化できます。

ゼロトラストについて、より詳しく知る

ゼロトラスト戦略の基盤としてアイデンティティとアクセスの管理を活用する方法の詳細については、こちらのソリューションをご覧ください。

自社のゼロトラスト成熟度を把握

ゼロトラスト実現に特効薬はありませんが、組織の多くは、ゼロトラスト戦略の基盤としてアイデンティティとアクセス管理を選択しています。自社のゼロトラストアイデンティティ成熟度、世界各国のさまざまな組織との比較、自社がアイデンティティベースのセキュリティを次の段階に進めるためにすべきことをご覧ください。